人気ブログランキング | 話題のタグを見る

穀雨


穀雨の朝に

目が覚めて

ことばがやってきた

「あめふって 地 かたまる」

大災害のあとにも

きっとちゃんと若葉が茂る

雨が降っているときは

いやでも

それでも

もういちど光は射す


そして

あとから

振り返れば

わかる

「あの雨がこの実りをつくったんだ。

雨の中で土に根がおりたんだ。」と


そんな大切な雨が

何日か降り続いた

つちとこころをぬらしていった


僕が仲間と住む山手のおうちの隣の川

水位がどんどんあがっていった

この川では夏に蛍が飛ぶんだって

教えてくれた


様々な場所で 幸あれと思う

例えば

高円寺の夕涼みにぴったしな風鈴をかける窓辺とか

今日出逢った木目調のグランドピアノとか(きっとそのうちにピアニストが弾くだろう)

僕にはあたらしい神戸のまちとか

最近育て始めたラディッシュの新芽とか



かたちは

ミニマムで

意識は

マキシマムで

上から下で

広さも狭さも

硬さもゆるさも

いろいろになれる自分になろうと

いまは

雨でも思うのだ


いそがしながらも

だいじなひとには

結構逢えてる


それぞれそだつ

もうすぐ夏


天波 博文 さんの素敵な詩です

―あるとき 僕は 雨だった

 

 山にふって 流れて 下っていった
 
 

 むこうからやってきた 仲間の水と

 

 川となって流れていった

 

 僕らの出逢いに 決して 争いはなかった
 
 

 あとさきを争ったこともない

 

 そんな出逢いの くりかえし


今日は

たこ焼やのおばちゃんと仲良くなった

たこ焼は1人前と半分食べて

ビールを一本飲んだ

午後5時

宝塚競馬場ちかく

ここにも夏になったら 風鈴をつければいい
by kkiyono-lp | 2008-04-29 23:54 | FOG
<< 立夏 清明 >>