人気ブログランキング | 話題のタグを見る

清明


いっさいがっさいをくるんで

大きな包みは空に昇ったようだ

今は



生きている場所が変わって

周りの景色も変わって

流れている音や

自分の聴覚、嗅覚、触覚がかわって

それでもちゃんと それは春

めぐる季節 回転運動

「結局、あんまり変わっていない、春が来ただけ」


船着場に船が着き

出航したら、出航したのだ

電車は終点に着いた

先に進むには、乗り換えなきゃいけない

よいっしょ、と立ち上がり

ドアを出て。


心の波は、

暴風雨でも、

知ってるんだ

ちゃんと収まるんだって。


痛みも

喜びも

悔しさも

意味わからなさも、

結局最後は抱きしめるしかない。

抱きしめてあげる。

言葉にならないことは、ほんとうに沢山ある。

言葉にしすぎたら、

きっと薄っぺらくなる。

だから

おびえるような声ではもう話さない。

おなかの声で話すんだ。


戯れを超え、

新しい今を。


どこかにつながる毎日を。

今ではない、いつか先の今にむけて。


清いとは

流れていること。

ごろごろ滞っても、

流れ着く先はきっと見つかり、

より大きなものへと還元されていく。


清明

流れる明るさ

すべての植物の枝葉にいのちがひかっている


おおきなグルーヴ

その太陽の光を飲み干そう


いのちはつづく

すべてとともに

全部大事

陰も陽も

涙も笑顔も

痛みも快楽も

超越も泥ような瞬間も

数多の中で

どんなバランスで生きようか

それはきっと、僕らの手の中
by kkiyono-lp | 2008-04-08 01:23 | FOG
<< 穀雨 3月26日―今夜はブギーバッグ! >>