人気ブログランキング | 話題のタグを見る

大日越えー大斎原

夜明け前に湯の峰を出て、熊野古道の大日越えを通り、大斎原に向かう予定でしたが、夢の中で、「夜明け前に出ては行けない。日が出てから行くように。」と、強く念を圧されました。

朝一番で、くすり湯に浸かり、大日越えへ。





大日越えー大斎原_f0081311_11415992.jpg


大日越えー大斎原_f0081311_1142126.jpg


大日越えー大斎原_f0081311_1142264.jpg


大日越えー大斎原_f0081311_1142417.jpg


熊野をはじめとする紀伊半島の森を、曼荼羅と捉えてきた歴史があります。森の中は様々な事象が幽顕、生死、諸行無常の生成変化を絶え間なく続けています。いのちの本来の在り様。自然(じねん)。

人間の社会が確立されてくると、閉鎖系の思考が産まれてくる。閉鎖系な思考は、あたかも閉鎖系であるような自然への改変を行い、非複雑系の世界を眼前させてきた。
でも、本来、宇宙は閉鎖系ではなく、人間も含め、いのちは複雑系。
幽顕種種の事象の連続感応。
森はそれを伝えてくださいます。

なぜ、山深く入って行く山岳信仰がうまれたか、神仏習合が作られていったか、それは社会が国家として成立しはじめ、非複雑系の構造、事象が増すにつれ、「いのちの本当の姿を会得する」ことを願う、本能目覚めた方々がいらっしゃったのだと感じます。

熊野古道のミチは、直線ではなく、いのちの法に則ったミチでした。

















大日越えー大斎原_f0081311_1142972.jpg


大日越えー大斎原_f0081311_11421788.jpg


大日越えー大斎原_f0081311_1142181.jpg


大日越えー大斎原_f0081311_11422042.jpg


月見ヶ岡神社様。
美しい場所でした。
本当にたくさんの祈願を持った方々が歩いた道。

そして、大斎原へ







大日越えー大斎原_f0081311_11422112.jpg


大日越えー大斎原_f0081311_11422212.jpg


大日越えー大斎原_f0081311_11422428.jpg


大日越えー大斎原_f0081311_11422523.jpg



湧き出す地力。
ここがたくさんの方々にとって、終わりであり始りであった。
よみがえり。黄泉がえり。蘇り。

万感の想いを持って、那智にて、
世界平和、神恩感謝、心願成就、六根清浄の祈願をさせていただきます。
by kkiyono-lp | 2012-02-10 09:17
<< 補陀洛山寺ー熊野那智大社 熊野本宮大社ー湯の峰 >>