海の時間 伊勢〜石巻 身体で距離を測るための移動④

大学生のとき、
別府から神戸の間を、フェリーにのったことがある。

それ以来となるフェリー旅。
愛する自転車をのせて。

f0081311_11443715.jpg


名古屋港から出港。
フェリー乗り場は、自分が思っていたところから、7kmほど西の埠頭にあった。
勘違いによって、猛スピード立ち漕ぎ!自分史上、かなりの高速自転車走行となりました。

f0081311_11443841.jpg


そして、無事にお船にのれて、
名古屋の土地を離れていく。
中京を離れていく。


f0081311_11443981.jpg


土地にはそれぞれスピリットが坐していて、その上に存在する一切のものに影響を与える、と北山耕平さんのお話の中でききました。この言葉を僕はとっても大切にしています。

どこに住むか、どこにいるか。
それは、僕自身にも大きく影響を与えること。
この船出は、とっても大切なセレモニーになるでしょう。

西から東へ。

自分の内側からの声と、
吹いてきてくださった風と、ともに。

これからの日々をわくわくと感じています。


f0081311_11444045.jpg


フェリーの旅は想像以上に、
豪華な旅。
大浴場にレストラン、音楽演奏。

船は他の交通手段よりも、
己を預ける感がつよい。
周りは海。どこにも行き様がない。
だからこそ、客船は、乗客を飽きさせない、楽しませる、心地よくすごせるようにする、そんな文化を編み出してきたんだと思います。

船の後ろに三本の波頭。
まるで、住吉三神のようだと、いつもみるたび感じるのです。

f0081311_11444183.jpg


フェリーの中の売店で、
三島由紀夫の『潮騒』が並んでいました。
ちょうど先日、『潮騒』の舞台が、牡蠣を食べまくった答志島の先の神島であることを知ったばかりで、文庫を書い、読み通しました。

小説を没頭して読むのは久しぶり。
『潮騒』の世界と、フェリーの潮の揺れが共鳴するようで、とても贅沢な時間をすごしました。


f0081311_11444249.jpg


山の近くで育ち、海が近くになかったためか、幼稚園のころ描いた夢は、船長さんでした。
遠い世界にいきたいな、と。

海の近くで育っていない僕のとって、やはり海は、遥かに計り知れなく、想像をこえた深さの世界です。

船乗りになれるか、どうか、は、まだ今生で保留にしておきます。
[PR]
# by kkiyono-lp | 2013-04-06 11:19

海の時間 伊勢〜石巻 身体で距離を測るための移動④

大学生のとき、
別府から神戸の間を、フェリーにのったことがある。

それ以来となるフェリー旅。
愛する自転車をのせて。

f0081311_11443715.jpg


名古屋港から出港。
フェリー乗り場は、自分が思っていたところから、7kmほど西の埠頭にあった。
勘違いによって、猛スピード立ち漕ぎ!自分史上、かなりの高速自転車走行となりました。

f0081311_11443841.jpg


そして、無事にお船にのれて、
名古屋の土地を離れていく。
中京を離れていく。


f0081311_11443981.jpg


土地にはそれぞれスピリットが坐していて、その上に存在する一切のものに影響を与える、と北山耕平さんのお話の中でききました。この言葉を僕はとっても大切にしています。

どこに住むか、どこにいるか。
それは、僕自身にも大きく影響を与えること。
この船出は、とっても大切なセレモニーになるでしょう。

西から東へ。

自分の内側からの声と、
吹いてきてくださった風と、ともに。

これからの日々をわくわくと感じています。


f0081311_11444045.jpg


フェリーの旅は想像以上に、
豪華な旅。
大浴場にレストラン、音楽演奏。

船は他の交通手段よりも、
己を預ける感がつよい。
周りは海。どこにも行き様がない。
だからこそ、客船は、乗客を飽きさせない、楽しませる、心地よくすごせるようにする、そんな文化を編み出してきたんだと思います。

船の後ろに三本の波頭。
まるで、住吉三神のようだと、いつもみるたび感じるのです。

f0081311_11444183.jpg


フェリーの中の売店で、
三島由紀夫の『潮騒』が並んでいました。
ちょうど先日、『潮騒』の舞台が、牡蠣を食べまくった答志島の先の神島であることを知ったばかりで、文庫を書い、読み通しました。

小説を没頭して読むのは久しぶり。
『潮騒』の世界と、フェリーの潮の揺れが共鳴するようで、とても贅沢な時間をすごしました。


f0081311_11444249.jpg


山の近くで育ち、海が近くになかったためか、幼稚園のころ描いた夢は、船長さんでした。
遠い世界にいきたいな、と。

海の近くで育っていない僕のとって、やはり海は、遥かに計り知れなく、想像をこえた深さの世界です。

船乗りになれるか、どうか、は、まだ今生で保留にしておきます。
[PR]
# by kkiyono-lp | 2013-04-06 11:19

蛇とスサノオ 名古屋アースダイバー①

名古屋駅のすぐ近く、柳橋の交差点を南に折れたあたりに、白龍神社が坐しています。

f0081311_5184879.jpg


折しも、白龍神社を参拝したのは、4月4日、私の生まれた埼玉県秩父にある今宮神社の龍神祭の日だった。

以前、大阪の中崎町で、そして京都の吉田山で、同名の神社によく参っていた。

さて、境内の拝殿の奥にさらにお宮があり、こちらも白龍神社であった。

f0081311_5191522.jpg


このお宮の中には、お社を挟んで、一対の蛇の石が並んである。
参拝者の方は願をかけ、その石の前に膝をつき、持ち上げる。
持ち上げた石が軽く感じたならば願いは叶い、重く感じたならば、願いは叶わないという。

白龍神社では、蛇が信仰されていた。
奈良の大神神社でよくみかけるように、社やご神木の近くに、卵を奉じている人がたくさんいる。また、瓶子に入った御神酒を献じている人もいる。

f0081311_5192910.jpg


昨夜とまったゲストハウスで、聞いた話では、堀のある柳橋よりも西にあたるところは、昔、海であった。名古屋駅も海にあたる。さらに古くはこの辺りは東海湖という大きな湖の底でもあった。たしかに、名古屋駅方面から栄の方面に向かう時、緩やかに土地が隆起しているようだ。

そして、海と浜の接点がお堀の東のすぐにある洲崎神社だ、と教えてくれた。

f0081311_519441.jpg


この洲崎神社。
ご祭神は、スサノオノミコトとクシナダヒメ。

洲崎神社の、ス、は砂を連想させる。
そして、サキの、サ、はこの島のネイティブピープルが、みえない世界から何かがやってくる時の音を表しているという。

海と浜の接点に、スサノオノミコト。
これは、東京の根津神社と類似している。

元は海の国を治めるように、イザナギノミコトに申しつけられたが、最終的には、根の国を治めることとなったスサノオノミコト。

いつの時代が定かではないが、つまりこの土地に、スサノオを信奉する集団上陸したのではなかろうか。

この光景を思い浮かべることから、私の名古屋への一日アースダイブははじまった。

※アースダイブという言葉は、中沢新一さんが『アースダイバー』「大阪アースダイバー』で確立した言葉。
まことに僭越ながら、私もその言葉を元に、眼前しているものの奥にある地層へ飛び込むトレーニングをさせていただくことにする。
なお、手法については『アースダイバー』『大阪アースダイバー』を参考としている。
[PR]
# by kkiyono-lp | 2013-04-05 04:47

蛇とスサノオ 名古屋アースダイバー①

名古屋駅のすぐ近く、柳橋の交差点を南に折れたあたりに、白龍神社が坐しています。

f0081311_5184879.jpg


折しも、白龍神社を参拝したのは、4月4日、私の生まれた埼玉県秩父にある今宮神社の龍神祭の日だった。

以前、大阪の中崎町で、そして京都の吉田山で、同名の神社によく参っていた。

さて、境内の拝殿の奥にさらにお宮があり、こちらも白龍神社であった。

f0081311_5191522.jpg


このお宮の中には、お社を挟んで、一対の蛇の石が並んである。
参拝者の方は願をかけ、その石の前に膝をつき、持ち上げる。
持ち上げた石が軽く感じたならば願いは叶い、重く感じたならば、願いは叶わないという。

白龍神社では、蛇が信仰されていた。
奈良の大神神社でよくみかけるように、社やご神木の近くに、卵を奉じている人がたくさんいる。また、瓶子に入った御神酒を献じている人もいる。

f0081311_5192910.jpg


昨夜とまったゲストハウスで、聞いた話では、堀のある柳橋よりも西にあたるところは、昔、海であった。名古屋駅も海にあたる。さらに古くはこの辺りは東海湖という大きな湖の底でもあった。たしかに、名古屋駅方面から栄の方面に向かう時、緩やかに土地が隆起しているようだ。

そして、海と浜の接点がお堀の東のすぐにある洲崎神社だ、と教えてくれた。

f0081311_519441.jpg


この洲崎神社。
ご祭神は、スサノオノミコトとクシナダヒメ。

洲崎神社の、ス、は砂を連想させる。
そして、サキの、サ、はこの島のネイティブピープルが、みえない世界から何かがやってくる時の音を表しているという。

海と浜の接点に、スサノオノミコト。
これは、東京の根津神社と類似している。

元は海の国を治めるように、イザナギノミコトに申しつけられたが、最終的には、根の国を治めることとなったスサノオノミコト。

いつの時代が定かではないが、つまりこの土地に、スサノオを信奉する集団上陸したのではなかろうか。

この光景を思い浮かべることから、私の名古屋への一日アースダイブははじまった。

※アースダイブという言葉は、中沢新一さんが『アースダイバー』「大阪アースダイバー』で確立した言葉。
まことに僭越ながら、私もその言葉を元に、眼前しているものの奥にある地層へ飛び込むトレーニングをさせていただくことにする。
なお、手法については『アースダイバー』『大阪アースダイバー』を参考としている。
[PR]
# by kkiyono-lp | 2013-04-05 04:47

蛇とスサノオ 名古屋アースダイバー①

名古屋駅のすぐ近く、柳橋の交差点を南に折れたあたりに、白龍神社が坐しています。

f0081311_5184879.jpg


折しも、白龍神社を参拝したのは、4月4日、私の生まれた埼玉県秩父にある今宮神社の龍神祭の日だった。

以前、大阪の中崎町で、そして京都の吉田山で、同名の神社によく参っていた。

さて、境内の拝殿の奥にさらにお宮があり、こちらも白龍神社であった。

f0081311_5191522.jpg


このお宮の中には、お社を挟んで、一対の蛇の石が並んである。
参拝者の方は願をかけ、その石の前に膝をつき、持ち上げる。
持ち上げた石が軽く感じたならば願いは叶い、重く感じたならば、願いは叶わないという。

白龍神社では、蛇が信仰されていた。
奈良の大神神社でよくみかけるように、社やご神木の近くに、卵を奉じている人がたくさんいる。また、瓶子に入った御神酒を献じている人もいる。

f0081311_5192910.jpg


昨夜とまったゲストハウスで、聞いた話では、堀のある柳橋よりも西にあたるところは、昔、海であった。名古屋駅も海にあたる。さらに古くはこの辺りは東海湖という大きな湖の底でもあった。たしかに、名古屋駅方面から栄の方面に向かう時、緩やかに土地が隆起しているようだ。

そして、海と浜の接点がお堀の東のすぐにある洲崎神社だ、と教えてくれた。

f0081311_519441.jpg


この洲崎神社。
ご祭神は、スサノオノミコトとクシナダヒメ。

洲崎神社の、ス、は砂を連想させる。
そして、サキの、サ、はこの島のネイティブピープルが、みえない世界から何かがやってくる時の音を表しているという。

海と浜の接点に、スサノオノミコト。
これは、東京の根津神社と類似している。

元は海の国を治めるように、イザナギノミコトに申しつけられたが、最終的には、根の国を治めることとなったスサノオノミコト。

いつの時代が定かではないが、つまりこの土地に、スサノオを信奉する集団上陸したのではなかろうか。

この光景を思い浮かべることから、私の名古屋への一日アースダイブははじまった。

※アースダイブという言葉は、中沢新一さんが『アースダイバー』「大阪アースダイバー』で確立した言葉。
まことに僭越ながら、私もその言葉を元に、眼前しているものの奥にある地層へ飛び込むトレーニングをさせていただくことにする。
なお、手法については『アースダイバー』『大阪アースダイバー』を参考としている。
[PR]
# by kkiyono-lp | 2013-04-05 04:47

名古屋にアースダイブ 伊勢〜石巻 ③身体で距離を図るための移動

いままで何度も訪れことのある、通過したことのある名古屋。しかし、あらためてゆっくり周ることはなかった。

今回、名古屋港から仙台港へのフェリーの運航に合わせるために、ほぼ一日名古屋を周る時間ができた。

四日市くらいから自転車を漕いでいるときに、名古屋が近づいてくるほどに、名古屋という街の未知の領域にわくわくしてきた。

一体、名古屋とはいかなる街なのか。

その土地の生成から今眼前に至るまでのすべてを把握することは、一人の人間では不可能だ。でも、答えの出されていないものに対して等身大で向かうことは、挑戦的で面白く、成長の機会だ。
最近、インターネットを使っても、答えがわからないことが増えてきた。
なにかのコピーではなく、いってみて、やってみてわかること、それが求められて来ている。

そういう意味で、今回の名古屋の調査(あえてそういう)は、妙なる機会であった。

自分なりに勇気を出して、名古屋という街にアースダイブをしてみる。
きっともがくだろう。不完全だろう。
それでも、編み出す努力してみようと思う。
[PR]
# by kkiyono-lp | 2013-04-04 22:15

神宮遥拝の鳥居 伊勢〜石巻 身体で距離を測るための移動②

図らずも、一泊することになった、
東海道の関宿。
驚くような街でした。
街並み奇跡の如く美しく遺されている。
関神社さんに参拝に行った時に、「時間が止まっている」ような感覚を覚えました。

風景は人に影響を与える。
心に影響をあたえる。
そのことは、時に対する人間の心に影響を与える。
だから、時が変容する。そのままに。
f0081311_9183681.jpg

f0081311_918386.jpg

f0081311_9183952.jpg

f0081311_9184014.jpg


そして、ここにあるんですね。

f0081311_9184038.jpg


神宮・内宮の宇治橋南詰の鳥居が遷宮の機会にこの関宿の東の追分に移されてくる。
江戸時代に、商用などで江戸と京都・大阪を行き来する人は、お伊勢参りが叶わない。だからここで遥拝したそうです。

私も遥拝。
お世話になりました。
これからも繋がっていけますように。

自転車で漕ぎ出す。
ペダルを漕ぐ。
目指せ、名古屋。

そして、もう一つの遥拝の鳥居と出会う。

f0081311_9184547.jpg


四日市・日永の追分
いま立っている鳥居は、1973年に伊雑宮から移築されたものとのこと!深い。

東海道と伊勢街道の分岐点。
ほんとに、伊勢の国を感じることができました。

あらためて遥拝。
Be happy, Be peaceful, Be liberated.

今生で
伊勢と結われた縁 想い
我の旅路は東へ向かう
清和
まだみぬ日々をわくわくと。
伊勢の国から、ここで一度旅立ちます。

f0081311_9184624.jpg

f0081311_918474.jpg

f0081311_918486.jpg


そして、大河。
揖斐川、木曽川、長良川。
ここは古代から水運が発展する素養のあった、尾張の国。

そして、思うのだ。
そうして家康は、名古屋に幕府を置かなかったのか。

f0081311_9184967.jpg

f0081311_9185025.jpg


明日は、名古屋を感じてみたい。
[PR]
# by kkiyono-lp | 2013-04-04 08:53

ひとりの人間にもどる 伊勢〜石巻 身体で距離を測るための移動 ①

季節が必ず変わりゆき、
植物の先端が、花芽や葉芽に成り、
さらには蕾が、咲くように、
一つのいのちの中で、新しい花が、未知の展開としてひらいていく。

日本全国、さくらさく季節に、
僕はあらためて、
「今まで住んでいたところと、これから住むところの距離を身体で測るための具体的な移動」をすることになりました。

これは、2007年に東京から京都に越した時に始まった、個人的な通過儀礼で、身体を使って移動することで、風や空気や道のいきかた、高い低い、その土地のある場所についての実感など、たくさんのことを得られます。

そんなことを自転車をこぎながら思うと、これは、かなり「旅的な要素」が少ない移動です。どちらかというと、「探検」とか「調査」に近いにではないか、と感じます。

最初からそうだったわけではなく、そういうところに面白さを感じるようになっていったんでしょう。性、ですね。

今回は、
いままでお世話になりました、そしてこれからもお世話になるだろう伊勢から、4月半ば以降、重きをおかせていただく石巻への移動です。

最大のテーマは、愛する自転車を運ぶこと。いろいろ考えて、伊勢から名古屋まで自転車移動、名古屋港から仙台港までフェリー、そして仙台港から石巻へ自転車移動。

どんな時間になるかなぁ。

伊勢を出発するときに
天恵がふりだした。
ほんと禊。
通過儀礼。


f0081311_1027764.jpg

f0081311_1027840.jpg

f0081311_102782.jpg


いま目の前にあることがすべてで、
過去も未来も実は、いましかなくて。
それで、どんな役割とか、どんな仕事とかを外して、ひとりの人にもどるような時間に入っていく。

f0081311_1027939.jpg


津の松菱の横をすぎて

f0081311_1027109.jpg


関宿に到着。

明日は名古屋までいくぞ。
[PR]
# by kkiyono-lp | 2013-04-03 09:29

より力づよく、言葉に、行動に、かたちに

2013年の4月1日は、
京都からはじまりました。

はじめて参らせていただきました、
京都左京区一乗寺の八大神社さまから。

f0081311_1982460.jpg


円山公園の枝垂桜にも出会わせていただきました。

f0081311_1982652.jpg


止まぬ雨がないように、
変わらぬ季節はありません。

無常な変化のループの中で、
春が、其処此処にやってきたのです。

4月1日。
新しい日々の抱負。

今年はより力づよく、言葉を紡ぎ、行動し、かたちづくっていきたいと思います。

そして、より静かな視点で真をみつめていきたいと思います。

いままで教わったことを、一つ上の段階で、活かしていきたいと思うのです。
[PR]
# by kkiyono-lp | 2013-04-01 18:59

熱い心のつるつるうどん 三佳屋さん

2011年12月。
僕は、神戸から伊勢へと引越しをした。

引越しをする度に、
僕は、いままで住んでいたところと、これから住むところを身体的な感覚で、陸続きにつなげるために、自転車で移動をします。

その時に、大阪のなんばで、素晴らしい、うどんやさんに出会いました。

オーナーは、僕を応援してくれて、志を果たしたら、またうどんを食べに来てな、と言ってくださいました。

そして、
今日、うどんを食べに行きました。
その時がきたのです。


f0081311_16413087.jpg


ほんとにおいしいカレーうどん。


f0081311_16413157.jpg


素晴らしいオーナー。

なんだか、ここに来て、一つの旅が終わったような。

そして改めて、ここから始まる未来に、わくわくしています。

さあ、いこうか!
[PR]
# by kkiyono-lp | 2013-03-29 16:30

「熊野は人生の学校」

なんだか、こう思うのだ、いま。

熊野は人生の学校だ、と。

いわゆる学校を卒業したあとの学校。
大学を卒業したあとの学校。

自分のいのちを生き切るために、
学ぶことがあり、先生がいる、学校。

そんな、人生の学校と縁をいただいて。
こんな凄い筋書きは、人にはきっと書けないだろう。
大いなるものを感じざるを得ない。
[PR]
# by kkiyono-lp | 2013-03-28 23:12

お伊勢さん 御礼参り

いままで一年間、お世話になりました、お伊勢さんに御礼参り。

f0081311_16515192.jpg

f0081311_16515257.jpg

f0081311_16515370.jpg

f0081311_16515587.jpg

f0081311_16515663.jpg

f0081311_16515754.jpg

f0081311_16515861.jpg

f0081311_16515926.jpg

f0081311_1652083.jpg

f0081311_1652124.jpg

f0081311_165231.jpg

f0081311_1652454.jpg

f0081311_1652543.jpg

f0081311_1652784.jpg

f0081311_1652861.jpg

f0081311_165296.jpg

f0081311_16521117.jpg

f0081311_16521249.jpg

f0081311_16521448.jpg

f0081311_16521567.jpg

f0081311_16521618.jpg

f0081311_16521885.jpg

f0081311_16521987.jpg

f0081311_165220100.jpg

f0081311_16522280.jpg

f0081311_16522370.jpg


これからもずっと大切な場所です。
一区切り。
ここに来れて、よかった。

本当に、有難うございました。
[PR]
# by kkiyono-lp | 2013-03-26 16:48

いのちのことを したいんだ

あらためて
おもうと

自分がしていきたいことはなんなのかって

それは
いのち の こと
いのちを 大切にすること

いつも三つ巴で 本性を捉えてきたけど
これからは さらに その上に無意識に存在していた 夢を みつめよう

いのちの唄唄 が はじまるんだ
[PR]
# by kkiyono-lp | 2013-03-25 05:37

おどり が もっている力

おどりを みに いきました。
魂が震えるおどりを。

おどり。
あらためて、向かい合うと、それは計り知れない力をもっている、と気づきました。

なんなんでしょうか、あらためて、おどり、って。
[PR]
# by kkiyono-lp | 2013-03-24 20:54

久しぶりの電車にゆられて

久しぶりの電車にゆられています

ほぼ一ヶ月、ずっと伊勢にいました。
普段から移動が多い私ですから、
一ヶ月同じ街にいるのは珍しいこと。

f0081311_1331025.jpg


一ヶ月前、伊勢にきたときは、春の立ち上がりはじめのころだったけど、
いまは桜が間も無く、間も無く。

地球が太陽の周りに描く美しいcircle

僕らはそこにのっていて、
空・宇宙を見上げている。

今日、明日は、大切な仲間と再会する予定。

生きていることは、本当に素晴らしいことだ。
[PR]
# by kkiyono-lp | 2013-03-23 13:24