明心

明るき心でもって
今日をすすもう

いまをすすもう

かげりなき
心の様で
朝日に立ち
夕日に立ち
しよう

いのちの真ん中にある
光は

明けく
明けく

それを感じていよう
ただ
そうして
生きる
[PR]
# by kkiyono-lp | 2013-04-20 06:39

つむぐ

つむぐことをはじめよう

何度でも

何度でも

いのちをつむぎ

よろこびをつむぎ

いとなみをつむぎ

いままで、たえず、先祖がしてきたように

風の中

雨の中

土の上

海の上

つむぎだそう

おしきせでなく

しつらえよう

それは

強い行為だ
[PR]
# by kkiyono-lp | 2013-04-20 06:33

相馬・松川浦

相馬に来ています。
はじめて松川浦に来させていただきました。

松川浦は、元々、田んぼや畑があったところに海水をいれたので、浦の中には個人の所有の土地もあるとのこと。
そこで、海苔を採ったりしていたそうです。

自然の不思議な地形。
f0081311_16275540.jpg

f0081311_1627577.jpg


新しい人との出会い、新しい土地との出会いに深く感謝。
[PR]
# by kkiyono-lp | 2013-04-19 16:23

石巻でお犬様と出会う

石巻での日々がはじまり、
ちょっとふらっとしてみたら、
小さなお社に着いたのです。

f0081311_15254243.jpg

f0081311_15254357.jpg

f0081311_15254444.jpg

f0081311_15254513.jpg


ここは、なんと
三峰神社。
秩父の奥にある三峰神社と社紋も同じ。そしてお犬様の彫り!

かつて流行した三峰講が元でしょうか。

故郷からはなれても、ちゃんと見守ってくださっている。
それを感じるのです。
ありがたいことです。
[PR]
# by kkiyono-lp | 2013-04-18 15:21

石巻でお犬様と出会う

石巻での日々がはじまり、
ちょっとふらっとしてみたら、
小さなお社に着いたのです。

f0081311_15254243.jpg

f0081311_15254357.jpg

f0081311_15254444.jpg

f0081311_15254513.jpg


ここは、なんと
三峰神社。
秩父の奥にある三峰神社と社紋も同じ。そしてお犬様の彫り!

かつて流行した三峰講が元でしょうか。

故郷からはなれても、ちゃんと見守ってくださっている。
それを感じるのです。
ありがたいことです。
[PR]
# by kkiyono-lp | 2013-04-18 15:21

石巻につく 伊勢〜石巻 身体で距離を測るための移動⑦

f0081311_17264999.jpg


松島方面から石巻にむかい、
石巻にはいるあたりで
出会った三輪神社さまの境内からみた景色。
こういう風に感じた。
いかに時代が変わっても、
神社の祈りは、その土地の弥栄、その土地の人々の弥栄。
弥栄を祈ることの大切さを、街を見降ろすこの境内で教えられた気がした。



f0081311_17265566.jpg


石巻市内に入り、
出会った蛇田道公神社。
日本書紀の記述に関わりあるお社。

f0081311_17265974.jpg


それぞれの土地にそれぞれの物語。歴史。人々の息吹。小さな息吹。

この土地に、これからよろしくお願いします。

f0081311_1727380.jpg

f0081311_1727642.jpg


さあ、そうやって、石巻につきました。
ここが新しい暮らしの拠点に当面なります。

今回の移動は、なかなかルートが定まらず、意を決するにも相応の時間がかかりました。
最初は、伊勢から全行程陸路で自転車で秩父まで行く予定でした。しかし、これからの動きの拠点になること、自転車があった方がいいだろう思ったこと、まだ秩父に自転車をもっていく気になり切れないことなどから、石巻を目的地としました。それが出発の2日前。

ということで全行程、伊勢から石巻を自転車で行こうかとも考えたのですが、2007年に、東京の中野区から京都まで自転車でいったことがあったので、同じ道をいくのはやめて、フェリーに乗りました。
フェリーでの移動は新鮮でした。

あらためて、自転車で移動すると、いろいろなことに気づくなぁ、と思います。
いかなる出来事にも、さまざまな気づきの要素がありますが、自転車はほどよくいろんなことを感じます。

例えば、昼間という時間のながさ。
例えば、土地の高低差。
例えば、様々なお店の看板。
例えば、様々な信仰の在り方。

世界は測りしれません。
地球は測りしれません。
それでも、自転車をこいで、
歩いて、身体に刻まれた距離の感覚は、ただの数字ではなく、私の内側に語られていく物語。

無事、伊勢から石巻へと移動できたこと、とっても嬉しく思います。

さあ、はじまります!
新しい日々。welcome.

来し方を
振り返りみれば
道はるか
あの玄関に
つながっている
清和

〜すべての生きとし生けるものが、幸せで、平和で、真に自由でありますように。Be happy, Be peaceful, Be liberated.〜
[PR]
# by kkiyono-lp | 2013-04-17 16:44

太陽の塔 伊勢〜石巻 身体で距離を測るための移動 番外

伊勢から石巻きいく途中、
自転車多賀城において、大阪におかんのコンサートを聴きにいった。


そして、はじめて、万博記念公園の太陽の塔と出会ったのだ。


f0081311_0393330.jpg

f0081311_0393498.jpg

f0081311_0393447.jpg


太陽の塔は予想よりも大きく、このような巨大なものをつくろうとした心意気がすごいと感じました。

まだまだ感じることはある。
いまも、あらためて。

この出会いは貴重だった。

ありがとうございます。
[PR]
# by kkiyono-lp | 2013-04-16 00:34

塩竃・松島・美しさ 伊勢〜石巻 身体で距離を測るための移動 ⑥

伊勢からはじまった、自転車での移動も終盤。
多賀城から、一路、石巻へ。

塩竈神社さまの横を通過して、松島へ。

f0081311_23591836.jpg

f0081311_23591944.jpg

f0081311_23592076.jpg


天気もよくて気持ちいい。
日本三景の横を自転車で通れるなんて、贅沢。

うーつくしさー♪
[PR]
# by kkiyono-lp | 2013-04-14 23:47

多賀城 伊勢〜石巻 身体で距離を測るための移動⑤

昨年、富士夢まつりで宮古から南相馬まで歩いた途中にであった多賀城という土地に、ゆっくり来たいと思い続けていて、今回の自転車の移動で叶いました。

f0081311_0413120.jpg

f0081311_041336.jpg

f0081311_0413490.jpg

f0081311_0413528.jpg

f0081311_0413853.jpg

f0081311_0413916.jpg

f0081311_041406.jpg

f0081311_0414147.jpg


f0081311_0414221.jpg

f0081311_0414328.jpg

f0081311_0414466.jpg


多賀城は724年、律令時代に陸奥の国に設置された城。

この土地の声に耳を澄ますこと。
ここから東北での日々ははじまる。

多賀城趾で睡眠をとった僕は、屈葬されるこの土地の古の人の姿のようであった。そういう相似が起こった。

まつりで大事なことは、
あらゆる御霊を尊んで、
こころを込めて祀ること。
人々が歓ぶこと。そうやって自然も共振する。
そういうことを思いました。
[PR]
# by kkiyono-lp | 2013-04-14 00:24

多賀城 伊勢〜石巻 身体で距離を測るための移動⑤

昨年、富士夢まつりで宮古から南相馬まで歩いた途中にであった多賀城という土地に、ゆっくり来たいと思い続けていて、今回の自転車の移動で叶いました。

f0081311_0413120.jpg

f0081311_041336.jpg

f0081311_0413490.jpg

f0081311_0413528.jpg

f0081311_0413853.jpg

f0081311_0413916.jpg

f0081311_041406.jpg

f0081311_0414147.jpg


f0081311_0414221.jpg

f0081311_0414328.jpg

f0081311_0414466.jpg


多賀城は724年、律令時代に陸奥の国に設置された城。

この土地の声に耳を澄ますこと。
ここから東北での日々ははじまる。

多賀城趾で睡眠をとった僕は、屈葬されるこの土地の古の人の姿のようであった。そういう相似が起こった。

まつりで大事なことは、
あらゆる御霊を尊んで、
こころを込めて祀ること。
人々が歓ぶこと。そうやって自然も共振する。
そういうことを思いました。
[PR]
# by kkiyono-lp | 2013-04-14 00:24

いま

いまというときを
しっかりみつめたい

それは、うつむいていてはみえない。

だから、
まえをみて、いま、めのまえにあるものをしっかりみつめたい。

そこに、こころをそそぎたい。

そこに、こころをそそぐんだ。
[PR]
# by kkiyono-lp | 2013-04-12 23:15

新たなはじまり

自分を信じられないと、
人は俯いていく。
足下ばかり見ていく。
目の前にあるものに気づけなくなる。

しばらくの間、僕もそうだったように思う。
ほとんど、自信を失っていた。
下ばかり見ていたように思う。
後ろばかり気にしていたように思う。
自分にできることに限界をつくっていた。

いまから故郷を出発し、新しい場所へ行く。
優しさを忘れずに、
胸を張って生きていきたい。

もし、いま自信がない人がいたら、未来に迷い悩む人がいたら、伝えたい。

僕もそうです。
だけど、いまから一歩一歩、夢を描いて進んで行きたいと思います。

そして、暗闇にいるように感じていた頃を、懐かしく思うときがきっとくるでしょう。

すべての新しい日々をいのります。
そして、
自分自身の想像の範疇を超えた、いまここの現実を与えてくださったあまねく縁に、ありがとう。

失うものがあってもいい。
掴みにいくのだから。

いこう。
f0081311_21571177.jpg

[PR]
# by kkiyono-lp | 2013-04-12 21:45

挑戦するということ

久しぶりに

挑戦してみよう、

という気になっている。

気づいたら、やる前から諦めていたことがあった。

山越え、谷越え、
風に吹かれるときもあれば、
目を醒まして走り出す時もある。

どちらも良いのだろう。
そして相応しいこととなる。

自分の中のスイッチが入る、それは大きな縁の中で押されたスイッチ。

いま、ここ、に集中していこう。

f0081311_23433596.jpg

[PR]
# by kkiyono-lp | 2013-04-11 23:39

挑戦するということ

久しぶりに

挑戦してみよう、

という気になっている。

気づいたら、やる前から諦めていたことがあった。

山越え、谷越え、
風に吹かれるときもあれば、
目を醒まして走り出す時もある。

どちらも良いのだろう。
そして相応しいこととなる。

自分の中のスイッチが入る、それは大きな縁の中で押されたスイッチ。

いま、ここ、に集中していこう。

f0081311_23433596.jpg

[PR]
# by kkiyono-lp | 2013-04-11 23:39

人として

おかん、の大阪城ホールコンサートにいってきました。

ほんとうに、いいコンサートでした。

僕はこんなに大きな会場のコンサートにいったことがなかったけど、みんなが、おかんをみつめている瞳が美しかった。みんなが、こころをこめておかんを見守っていた。

人は、人と出会いかわる。
そして、また何処かで、きっと出会う。

おかんのまっすぐな音楽をきいて、これから10年後、おかんはどんな成長しているだろうか、って楽しみになりました。そして、僕もまっすぐに成長したいって思いました。

また、おかんに会える日が楽しみです。

素晴らしいコンサートを、ありがとうございました!

f0081311_1103479.jpg

[PR]
# by kkiyono-lp | 2013-04-11 00:48