<   2013年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧

熱い心のつるつるうどん 三佳屋さん

2011年12月。
僕は、神戸から伊勢へと引越しをした。

引越しをする度に、
僕は、いままで住んでいたところと、これから住むところを身体的な感覚で、陸続きにつなげるために、自転車で移動をします。

その時に、大阪のなんばで、素晴らしい、うどんやさんに出会いました。

オーナーは、僕を応援してくれて、志を果たしたら、またうどんを食べに来てな、と言ってくださいました。

そして、
今日、うどんを食べに行きました。
その時がきたのです。


f0081311_16413087.jpg


ほんとにおいしいカレーうどん。


f0081311_16413157.jpg


素晴らしいオーナー。

なんだか、ここに来て、一つの旅が終わったような。

そして改めて、ここから始まる未来に、わくわくしています。

さあ、いこうか!
[PR]
by kkiyono-lp | 2013-03-29 16:30

「熊野は人生の学校」

なんだか、こう思うのだ、いま。

熊野は人生の学校だ、と。

いわゆる学校を卒業したあとの学校。
大学を卒業したあとの学校。

自分のいのちを生き切るために、
学ぶことがあり、先生がいる、学校。

そんな、人生の学校と縁をいただいて。
こんな凄い筋書きは、人にはきっと書けないだろう。
大いなるものを感じざるを得ない。
[PR]
by kkiyono-lp | 2013-03-28 23:12

お伊勢さん 御礼参り

いままで一年間、お世話になりました、お伊勢さんに御礼参り。

f0081311_16515192.jpg

f0081311_16515257.jpg

f0081311_16515370.jpg

f0081311_16515587.jpg

f0081311_16515663.jpg

f0081311_16515754.jpg

f0081311_16515861.jpg

f0081311_16515926.jpg

f0081311_1652083.jpg

f0081311_1652124.jpg

f0081311_165231.jpg

f0081311_1652454.jpg

f0081311_1652543.jpg

f0081311_1652784.jpg

f0081311_1652861.jpg

f0081311_165296.jpg

f0081311_16521117.jpg

f0081311_16521249.jpg

f0081311_16521448.jpg

f0081311_16521567.jpg

f0081311_16521618.jpg

f0081311_16521885.jpg

f0081311_16521987.jpg

f0081311_165220100.jpg

f0081311_16522280.jpg

f0081311_16522370.jpg


これからもずっと大切な場所です。
一区切り。
ここに来れて、よかった。

本当に、有難うございました。
[PR]
by kkiyono-lp | 2013-03-26 16:48

いのちのことを したいんだ

あらためて
おもうと

自分がしていきたいことはなんなのかって

それは
いのち の こと
いのちを 大切にすること

いつも三つ巴で 本性を捉えてきたけど
これからは さらに その上に無意識に存在していた 夢を みつめよう

いのちの唄唄 が はじまるんだ
[PR]
by kkiyono-lp | 2013-03-25 05:37

おどり が もっている力

おどりを みに いきました。
魂が震えるおどりを。

おどり。
あらためて、向かい合うと、それは計り知れない力をもっている、と気づきました。

なんなんでしょうか、あらためて、おどり、って。
[PR]
by kkiyono-lp | 2013-03-24 20:54

久しぶりの電車にゆられて

久しぶりの電車にゆられています

ほぼ一ヶ月、ずっと伊勢にいました。
普段から移動が多い私ですから、
一ヶ月同じ街にいるのは珍しいこと。

f0081311_1331025.jpg


一ヶ月前、伊勢にきたときは、春の立ち上がりはじめのころだったけど、
いまは桜が間も無く、間も無く。

地球が太陽の周りに描く美しいcircle

僕らはそこにのっていて、
空・宇宙を見上げている。

今日、明日は、大切な仲間と再会する予定。

生きていることは、本当に素晴らしいことだ。
[PR]
by kkiyono-lp | 2013-03-23 13:24

答志島・牡蠣

鳥羽の港から船にのり、
答志島へといくのさ

f0081311_0271728.jpg


穏やかな海。
青い空。
山の中に生まれた人間にとって
やはり海は計り知れない対象。

f0081311_027186.jpg


船が往く、道の後ろに三本の波筋。


f0081311_0271935.jpg


ああ、もう牡蠣は本当に美味しかった。
ありがとう、わだつみのかみさま。

この日のことは忘れない。
[PR]
by kkiyono-lp | 2013-03-23 00:21

直く

f0081311_213429100.jpg


新暦如月から弥生にかけて、
伊勢で空気の変化とかを感じていました。
毎日毎日少しずつ変わっていくこと。
確実に。

f0081311_21343070.jpg


そして季節は春分点をすぎて、
新しい旅がはじまるのだ。

f0081311_21343035.jpg


大きなはじまりを授けてくださった、倭姫宮。
初めてきた時と同じように受けとめてくれて。

いのち、輝き、各々、光る。
[PR]
by kkiyono-lp | 2013-03-21 19:43

太陽の暦は春分に

f0081311_115963.jpg


太陽の暦は春分に。
太陽黄経0°に地球は還ってきました。

変化がないようにみえる毎日の中に、実は絶え間ない変化がある。

それが自然の摂理。

さらには、揺れる心がある。
情は揺れ、動くもの。
それを肯定しはじめる息吹。
動く心のその奥に神聖なものを感じ出す。

春の真ん中。
あまりに美しく整えられた物語・合奏のこの星の摂理を、いまを感じながら進んで行こう。

いただいたものを、しっかり成そう。

さあ、春から、夏へ。
[PR]
by kkiyono-lp | 2013-03-20 18:30

あたらしい日々にむけて

あたらしい日々にむけて
一歩一歩すすんでいく そういうことを感じています
焦ることなく 肚をきめて 混沌を恐れることなく
振り返れば失ったものはなく ただただ有難い得たものがある
そうやって生かされていことにあらためて感謝
永遠の中の、中今をしっかりと前をみてすすんでいこう
[PR]
by kkiyono-lp | 2013-03-20 00:07