<   2013年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

あたりまえのことが嬉しかった

眠る時、お布団の中に、
湯たんぽを入れてくれた

朝、起きると、
猫と一緒にごはんを食べた

大変なこともあったけど、
そういう「あたりまえ」のことが、
嬉しかった。


f0081311_7292475.jpg


そういう「あたりまえ」のことが、ほんとうに嬉しかった

いまふりかえってそう感じるのだから、
それが涙がでるくらい愛おしいのだから、
これから起こっていく毎日の「あたりまえ」の中の嬉しさを抱きしめていこう。

気づかせていただいて、ありがとうございます。
[PR]
by kkiyono-lp | 2013-01-31 07:23

できることがあるなら

まだできることがあるなら、

しっかりとやらせていただきたい。

「得る」と思われることも、

「喪失」と思われることも、

こえて、

また朝がやってきた。

また朝がやってきてくれた。

この縁の、円の、巡りの中で、

まだやらせてもらうことがあるのなら、

しっかりとやらせていただきたい。

どうしたら、真に、未来に、愛を遺せるか。

それを見つめていきたい。

僕は愛を遺したい。

ときどき見失っても。

そのために、時を歩きたい。

朝が来た。

今日もいただいた一日を全うしよう。

いのちに、ありがとう。

Be happy, Be peaceful, Be liberated.
[PR]
by kkiyono-lp | 2013-01-30 06:54

神聖な音に響き合う私たちの中に在る神聖なもの

今日は素晴らしい方に出逢いました。

奈良裕之さん。

f0081311_017997.jpg


この方が奏でる音は、いままで出逢ったことないほど、深く深く響きました。

出逢わせていただけたことに、ほんとうにありがとうございます。

素晴らしい音に、自分の内側が響く。

ということは、私たちの内にはその音に響鳴する神聖なものがすでに在るということなのではないか。
と思ったのです。

それは、きっと大切な気づきなんだと感じます。

美しくと感じられるということは、それと響き合う貴いものが私たちの中にある。
[PR]
by kkiyono-lp | 2013-01-30 00:09

晴れた空に龍神木

今朝はよく晴れた青い空だった。
驚くくらい青い空だった。

朱色の鳥居と、龍神木と、青い空が美しくて、思わず写真をとった。

f0081311_2214054.jpg


旧暦師走の満月がすぎた。
新年がやってくる。

もうすぐ豆まきだ。
[PR]
by kkiyono-lp | 2013-01-28 22:09

富士の大先達

f0081311_1994191.jpg


古から、神そのものであった富士を、ひらいていった大先達。

山の霊力と共にあろうと。

北口本宮冨士浅間神社には、大先達が祀られている、祖霊社があります。

f0081311_19134361.jpg



藤原角行
村上光清
伊藤身禄


歴史に名を遺す大先達が、もし、今の世に生きていたなら、なにをどのように感じるのか。

今年、富士山は世界文化遺産に指定される予定です。



偉大なる
富士のスピリットは
幾度も、幾度も、千代に八千代に
人々の眠りをさます、噴火を重ね、
居間へと続く連綿の流れをおりなす御山なれば、
これから先の世も、千代に八千代に織りなすだろう。
弥栄ましませ。

富士の声に耳を澄ませ。
[PR]
by kkiyono-lp | 2013-01-28 19:22

旧暦師走の満月へ

f0081311_23573435.jpg


旧暦師走の満月の夜がやってくる。

私たちの地球が共に踊る月。

旧暦正月前の最後の満月の夜がやってくる。

絶え間ないこの物語を踊り続けよう。
[PR]
by kkiyono-lp | 2013-01-26 23:54

雪残る森をゆく

車に乗せてもらって
奥秩父・大滝へ。

f0081311_2233217.jpg


山の姿が目に映るだけで、
何だか心がすこし踊る。
僕の心の深いところで、湧きたつ歓びを感じる。仄かだけど確実に。


f0081311_224588.jpg


ざくざくと
雪道を歩く

ざくざくざくざく
なんだか、心が晴れやかになる。
歩くことの歓びを感じる。

f0081311_2241027.jpg


やっぱり森が好きだ。
自然から離れることは、まさに不自然。

森。
これからもっと森に入ろう。
[PR]
by kkiyono-lp | 2013-01-25 21:48

北口本宮冨士浅間神社

富士吉田の御師・きこりさんと出会わせていただき、

北口本宮冨士浅間神社に参拝させていただきました。

f0081311_1644512.jpg



雪が遺る参道に、並木の間に間にこもれる光が美しい。


f0081311_1743322.jpg


鳥居には「冨士山」とある。

f0081311_16541995.jpg


門には「富嶽」とある。

ここに大きな社はあれど、それの奥にある富士こそまさにご神体。

f0081311_17131212.jpg



だから、鳥居や門は社ではなく、御山にむかっている。

生きている霊性の拠点・富士。

かたちある社の奥こそ貴けれ
千代の八千代の祈る故郷

かたちある屋代奥こそ貴けれ
富士は幾世も 神そのもの也

富士の雪 祈りは千歳に 降り積もる
常世につづく 島の血とともに

狼煙・清和
[PR]
by kkiyono-lp | 2013-01-24 17:16

寒い秩父のある一日の風景

f0081311_128296.jpg


朝方、寒そうなお庭に出ようか、出まいか思案している、我が家の多賀ちゃんの背中。


f0081311_128472.jpg


秩父神社さまの、天照大御神のお宮へご挨拶。
ここから伊勢はつながっている。
深くおおきな縁にお祈り申し上げて。
[PR]
by kkiyono-lp | 2013-01-24 01:23

美しき富士

f0081311_225364.jpg


美しき富士山

f0081311_2272035.jpg


富士駅から河口湖駅へ向かうバスに揺られると、
いつも富士山と一緒だった。

この日はよく晴れていて、さらに富士吉田までいくと
綺麗な笠雲が出ていた。

f0081311_22112657.jpg


いままで富士山とほとんど縁がなかった私が、
昨年の富士夢まつりを機に、富士山に出会うことが増えました。

やはり、美しき富士。
この富士が、平和で、健やかでありますように、と祈ります。
[PR]
by kkiyono-lp | 2013-01-22 22:12