<   2012年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

一つの時間

f0081311_20435884.jpg

f0081311_20435889.jpg

まっすぐに駆ける雲が外宮さんの上を走っていました。
今日も外宮さんは、参拝の方々でいっぱいです。

一つの時間の中に様々な自分があります。そのすべてを一つのお皿にのっているように受け止めること。一つの時間を生きるということ。

今日も一日一生。
明日にはまた生まれ変わります。



ちはやぶる
[PR]
by kkiyono-lp | 2012-01-11 20:43 | Story telling

満月をすぎて

f0081311_914461.jpg

1月10日

2012年、最初の満月をすぎて、
まただんだんと月がしなやかにやせていきます。
次の満月のころ、どのように、心は変わっているでしょうか。

それぞれの人の十月十日が成就しますように。


ちはやぶる
[PR]
by kkiyono-lp | 2012-01-11 09:14 | Story telling

美しさ

f0081311_1771356.jpg

f0081311_1771384.jpg

美しさ

ポケットの中で魔法をかけて

心から

優しさだけが 溢れてくるね

ー小沢健二「美しさ」より

こだわらず とらわれず さらさらと

内宮さん前の夕暮れ

外宮さんのにぎわい

一日一生

昨日よりも今日をさわやかに生きる
[PR]
by kkiyono-lp | 2012-01-09 17:07 | Story telling

七草

f0081311_15593754.jpg

f0081311_1559377.jpg

1月7日。
七草。
はじめて七草粥を作りました。
一つ一つの植物の味の違いが、それぞれのいのちのあり方を感じさせてくれます。

8日、内宮さんの正式参拝をさせていただきます。

夜の中山靖雄先生が、今年大事にしてくださいとおっしゃった言葉。

こだわらず、とらわれず、さらさらと。
[PR]
by kkiyono-lp | 2012-01-09 00:59 | Story telling

内宮参拝

f0081311_053404.jpg

f0081311_0534070.jpg

f0081311_0534084.jpg

f0081311_0534085.jpg

1月8日。
修養団の新春のつどいで、内宮さんの正式参拝をさせていただきました。
[PR]
by kkiyono-lp | 2012-01-09 00:53 | Story telling

小寒

f0081311_058219.jpg

f0081311_0582160.jpg

太陽黄経285度。
1/6 小寒。
あと15度地球が太陽の周りを進むと大寒。そして、30度進むと立春。

太陽系はいまも、変わらないループ描いています。
私たちはそこに乗っている。

外宮さんの依代は夜の闇の中、静かにたっています。

だんだん太りゆく月。明るさもまして来ています。そろそろ満月。新しい計画を立てる時期です。




ちはやぶる
[PR]
by kkiyono-lp | 2012-01-07 00:58 | Story telling

風と土を愛する人

f0081311_23432723.jpg

f0081311_23432732.jpg

外宮さんへ夜間参拝。

薄雲の間から、オリオン座がのぞいていて、星がきらきらと青白くひかっています。

外宮さんの森の中で、立ち止まると、
空気が、しん、としているのを感じます。

風宮さん、土宮さんを参拝。
風を愛し、土を愛す方々のことを想います。
風に生かされ、土に生かされ、私たちは在ります。それ以外にはないのです。

ちはやぶる
[PR]
by kkiyono-lp | 2012-01-05 23:43 | Story telling

祝詞をあげる息は白く

f0081311_2257059.jpg

f0081311_2257062.jpg

1月4日。
お昼くらいに、外宮さんの前はたくさんの参拝者の方々。

夜に、参拝にいきました。
1月5日まで外宮さんは夜間参拝をさせていただける、とのこと。

夜の闇の中、外宮さんの鳥居の前でオリオン座がみえる。

「ここは天の地球なんだ」

静まった森の中の豊受大神宮。
祝詞をあげる息は白く、
この息の白さも、季節の移り変わりの中で消え、また顕れ。
何千回ものなだらかにすぎた季節を感じる。



ちはやぶる
[PR]
by kkiyono-lp | 2012-01-04 22:57 | Story telling

「肚」に「いま」を感じる

f0081311_22451772.jpg

f0081311_22451712.jpg

空の色は毎日毎日、刻一刻と、変化し続けています。
空の姿は、想像を超えていますが、その一つ一つが美しく、必然であるように感じます。

肚の中心に、「いま」をしっかり感じて、意識して生きていきたいと思います。
過去でも未来でもなく、いまをしっかりと感じたい。



ちはやぶる
[PR]
by kkiyono-lp | 2012-01-03 22:45 | Story telling

凛とした空気の中で

f0081311_818599.jpg

f0081311_818590.jpg

凛とした空気の中で
心身魂共に洗われる・顕われるようです。

頭から心へ、心から肚へ意識をおろしていくと、
大地(おや)を感じ、
生かされていること、そのこと自体への感謝が湧いてきました。

世界のいやさかを美しい空を仰ぎながら御祈りします。


ちはやぶる
[PR]
by kkiyono-lp | 2012-01-02 08:18 | Story telling