<   2008年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「人生があたえてくれる様々なもの」


人生ほど
僕たちに、いろいろなものをあたえてくれるものはないと思います


すべて 自分が意識的に、無意識に意思して、それに対して人生があたえてくれているんだと思います

花や空の美しさ
公園で寝転がったときの風の心地よさ

一人の人の人生ほど ドラマティックなシナリオはないと思います

出会いや
気付きや
回顧や
反省。

でも 忘れちゃいけないのは 人生それ自体も 生き物の類ということ

人生自体も
息を吸い込んで
深く吐いて
のびて ちぢんで
脈をうってる


僕は蝶々をみるたびに
いつも思うのだけど こんなにはらはらした生き物のどこに空をとぶようないのちの力があるんだろう

生まれて
育って
自律する いのちって本当に不思議です


季節が秋にカーブを描いていきます

変化のときは 大変だけど やっぱり大変なのは 「大きく変わること」だから
しっかりと いのちを抱きしめて 手を伸ばして 全部で抱きしめていようと思います

Life is coming back

いのちはきっとかえってきつつある
[PR]
by kkiyono-lp | 2008-09-24 10:06 | FOG

「心の中でおこることを大切にする」


前に 僕の師匠のことをかきました

いまは 世界のどこにいるのか、わからない師匠ですが (もしかしたらもといた場所にいまいるかもしれない。でも想念はどこにいるか検討がつかない)

前に書いた「物事は最悪になるまで最高の結果を期待していた方がいい」は、いまから想いかえしても、とてもパワフルな智恵です。


僕は 師匠から 大きな3つの智恵をもらいました

一つは17歳のとき
一つは21歳のとき
一つは24歳のとき、日本から遠く離れた大陸で


師匠が渡した二つ目の大きな智恵は

「心の中に起こることを大切にする」 でした

その当日、心の中に起こることとはなんなのかわからなかったけど、
水をいれたコップを平らな場所に置くように、思考のボリュームを絞るようにすれば、心に微かなゆらぎがしっかりあります。

風見鶏が風の方角を素直に指すように
心の微風にそって、踊るような毎日

風にそよぐ布のようなゆるやかさとしなやかさ

なにもないところから 幽界の幽から 生まれ出ずる眩しい おと こえ しんどう

ふとした 師匠の短い智恵は 人間や宇宙の在り様の根幹を示しているようです
[PR]
by kkiyono-lp | 2008-09-21 15:47 | FOG

物事は最悪になるまで最高のことを考えていたほうがいい

僕には
師匠がいる

もう ほとんど
心の中の師匠となっているけど

いつだって心の中に響いてることば

まだ見ぬ未来にナイーブになるなら
物事は最悪になるまで 最高の結末を考えていたほうがいい


大変なことがあるたびに
やっぱりそうだ

逆風に向かって笑って立つのは
強さ、だねー
[PR]
by kkiyono-lp | 2008-09-08 23:19 | FOG