<   2008年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

芒種から夏至へ


種を蒔く時機でした

意識的に

種を蒔いてはいないとしても、

きっと

必死になって走ったり

息を切らしてもがいているとき

ポケットからさらさらと

種はこぼれていたのだと

後になって気付くのだと思う

意識的に蒔いた種であれ

無意識に蒔いた種であれ

大きな時間の流れの中で

複雑なハーモニーをいつか奏でる

人生の豊かさ いのちの豊かさになっていく

だからきっと 種は沢山蒔いていたほうがいい気がする



仕事にもだんだん慣れてきました


僕は本当に、いのちが一番大事にされる社会をつくっていきたいと思います。

いのちが社会の中でどんな場所に置かれているかでその社会がよく見えてくる。

いのちを定規として世界を計れば、秘密が見えてくる。

おかしいな、なんでこんなふうにこんがらがってるんだろう。

それはいのちが一番大事にされていないところに起きます。

人間のいのち、弱い立場の人のいのち、物言えぬ動物達のいのち、植物のいのち、

赤ちゃんのいのち、難民のいのち、つながりとしての家族のいのち、

これから生まれてくる未来世代のいのち

いのちを大事にしようって 選んだら

大きな自然が待っている

そのめぐりの中で生かされていることにもう一度気付く



さて、

夏至だ。

夏至をすぎた。

その日僕は秋田から伊丹にかえる飛行機に乗っていた。

そして大きな変化がきました。

昔から

「あと10年位したら、この惑星で人間が生きていけるか、いけないか大事なときが来る。

その時に、何も言えない人間ではいたくない」って漠然と考えていた。感じてた。


そしてわかった。

それは、まさに「今」なんだと。

決めたらそれが「今」なんだと。


だから

僕は声を出していきたい、口をあけていきたい、って思います。

僕の中に生きているたくさんの人の力をつかって

いのちをつかって向かっていこうとおもいます。



陽極まる夏至

ピーンとはりつめたゴールテープが

ランナーの胸で切られるように

ここはゴールじゃないけど

生まれて 増殖して 結合する 能力のリミッター外します
[PR]
by kkiyono-lp | 2008-06-25 13:04 | FOG

小満

最近は

ラムコークを飲んでいます。


どこのバーにいってもラムコーク。


小さくみちて

徐々にみちていく季節


こころのなかの

コップや

水瓶も


雨降って

すこしすこし

溜まっていって

きっと豊かに溢れてくる


大きな自然のリズムののなかで

伴奏者の指揮棒に沿って

つーっ

つーっ

って僕らの鼻や心や美しさを感じる心が伸びいていく


キラキラしている世界の中で

少しのことで

ペンキをこぼして

灰色になってしまうことがあっても

ものごとは常に変化して

空に浮く雲は、しっかりと流れて

清い流れはとめどなく流れて

変えていく

変わっていく

移り変わっていくことだけは

確実だと


きっと

強く思った瞬間に

世界はずっと変わってる


人の意志は

大きな法と絡み合って

有機的に未来を構成していく


時間も空間も一様ではなく

デカルコマニーや

リゾーム運動や

蠢きと流転と攪拌の中にある


わしゃわしゃ

それが美しさ


ぼくたちは千歳あめではないから

一様ではないから

平準化はしきれないから

それが美しさ



ちょっとづつ嵩があがっていく

こころのなかの

豊かな泉

人生があたえてくれる

沢山の気持ちや

風や

雨粒や

大きな音

小さな音

神秘 と

言葉 を

抱きしめている


場所を越えて

時間を越えて

今、まさにここ、にいて

しかもつながっている


LIFE IS COMING BACK
[PR]
by kkiyono-lp | 2008-06-03 08:39 | FOG