<   2007年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

『葉脈の構造』



川が見える席にすわって

今年最後になるだろう、アイスコーヒーを飲んでいるんだ。


空が秋になったな。

雲が、軽くなったな。



窓から見える川。

その脇には木が生えている。

水面は海に近いから、押したり、引いたりするようで、

うつった白い壁の建物を、モザイクみたいに溶かして、揺らす。


手には、昔懐かしい本がある。

ビルの二階の素敵なカフェの棚で見つけた。

前に読んだのは、九州だったっけ。


題名は 『葉脈の構造』

------------------------------------------------------

あるまちがあって、

そこのまちの人は、

絵描きの女の子が発見した葉脈の構造の話でもちきり。


たくさんの人がたくさんの葉脈の構造についての意見をもってた。


「この葉脈の中を流れているのは水じゃなくて、大地の涙だ」


「葉脈はとんぼたちには、虹色にみえているんだと、母方のじいちゃんがいってた」


「これじゃ、葉っぱの先端から水が流れているのか、茎から流れているのかわかりませんな」



そんなまちの人々のお話を聞いていた、旅人が連れてきた一羽の鶏が、

すっと、背筋を伸ばして立ち上がり、土手の一番大きな石の上に威厳を持って上り、

こういったんだ。

「すべては、一枚の葉の中にある!」

----------------------------------------------------------------------

この本はそういう話だ。

なかなか素晴らしい本だ。

とても大切なお話だ。



夏の暑い日に、葉の陰に隠れながら、

触角をつかって、お話をする蟻のことを、想っていた。



川は、きらきら、鳴いた。


逢いたい人に逢い

ちょっとでも心に触れれるなら

きらきらした目に逢えるなら、映るなら。



川は、きらきら、鳴いた。


もっと触れていたい。



今晩も、命の光が、そこらで光る。

あるものは鳴き、あるものは笑い、

この宇宙の広い無限な闇の中で、

一本旗をたてるように、命の光があることを、うなづく。

「このあたたかさだ。」


「僕は旅人だったのかもしれない。

 そのように世界を見ていた。

 そのようにまちを歩いていた。

 旅の終わりは」




旅人は、自分では旅人と気づかない。


自分のなかにある小さな波。

静かな池に、小石を投げたら、いったいどうなる?



(つづく)
[PR]
by kkiyono-lp | 2007-09-25 18:10 | Story telling

未来‘祝’への投射

「未来祝のカデンツァ」はここから東のR-TASTeの新作の名前です。

お披露目、おめでとうございます。


R-TASTe http://www.r-taste.com/index.html


価値はつくっていくもの

未来はつくっていくもの

「バス停で待っていれば未来は来てくれるものだとおもってたよ。

でも、そうじゃないのかもしれない」


「生きたい未来を今生きはじめる」

それがいつか価値になり、意味になり、新しい物語になる


未来祝(さきわい)


今歩く一歩が、

今吐く一息が、

伝わり、動かし、かたまって、

未来をつくっていく

一人の心の躍動が、

やがて多くの躍動になり、

そのまま空間、時間の躍動へ、未来の鼓動へと収斂していく。



今週末、新潟にいきます。

またいろいろなことが変わります。



(つづく)
[PR]
by kkiyono-lp | 2007-09-10 21:35 | Story telling

虹がかかる

「そらににじがかかる」

「もう一生、こんなにきれいな虹はみることはないんじゃないかって想ったので、

時間をとめて、

ずっとみていようってきめたんです」

f0081311_123466.jpg



それは、きっと本当だ。

もしかしたら、今日は命日かもしれないじゃないか。

「いままでの僕の」



からすがとんびと喧嘩する。



「目にみえるだけが変化じゃない。 内的な変化がときどき表面に出たりするんだ。」

内的な変化。 

ご飯をたべれば、身体の中がうごく。

自然をみても、身体の中がうごく。

それは、「調整」とよばれることもあるが、

僕達の身体の細胞が、3ヶ月で入れ替わることを考慮すれば、

二度と戻らない不可逆的な変化が、

ゆるりゆるりと興ってるわけだ。

そのなかで、「同一性」を保とうとしているわけだ。

「ただそれは現れ方の問題じゃないかな。 斬新的には、刻一刻と『変貌』している。」



胸をなでおろす、その手さえ、一瞬一瞬、明滅しているとしたら!

生物。 交換。 呼吸。 琵琶湖の湖面によせる漣。

たゆたう。


f0081311_1242629.jpg



今夜、部屋のスピーカーはBob Marleyの「No Woman no cry」を流し、

幾人かの人に想いを馳せ、

鈴虫は鳴き、

涼しい風が部屋を吹き抜ける。


世界は生成変化している。




何度もノートの「生成」という言葉に○をつける。


生まれて、育っていくCircle


f0081311_124533.jpg



虹が消えるまでみていた。

虹は、夕暮れ後の空と一緒になっていった。


f0081311_1252370.jpg



一瞬のなかの無限。

自然は、きっと、一直線な尺度を越えている。


それはとても強い。


一様さを回避しよう。


そこら、ここらに違う回路はきっとある。



(つづく)
[PR]
by kkiyono-lp | 2007-09-08 01:26 | Story telling

火を殖やせ

関ヶ原から、京都へかえってきた。


吉田山の隣にある、部屋に帰ってくると、

出発前より鈴虫がしゃべる声が大きくなってる。


関ヶ原で9月を迎えた。

キャンプファイアーをやらせてもらった。


時間と「キャンプファイアーをやる」ということだけを決めて、

「人ありき」で場をつくる。


「『ひとありき』は愉しいな。 無理にかたちをつくらなくっていいんだもん。

そこにいる人が愉しかったり、ここで表現したいものがあったり、ありたい姿があれば、

それこそが、彫刻をほるようにかたちになるんだもん。

『こんな作品を作るぞ』って設計図をかくのもひとつのやりかただけど、

生まれ出てくるもの、萌え出てくるものを、くるんであげるのも、ひとつのやり方だよ」


とても素敵な人に出逢い、

また心の中で変化が興る。


「たとえ、答えにすぐにたどり着かなくてもいいはずだ。

変化が興っているのは本当のこと。」


川面をたゆたう笹の葉が、どこかにきっとたどり着くように、

緩やかな変化があってもいい。

時間はまだきっとあるし、

ニュートン的な時間だけじゃなく、

一瞬が永い時間のように、感じられることも確かなはず。





「一直線じゃない。 もっと素敵に彩れるはず!」






キャンプファイアーの当日は、朝から雨が降っていて、

切実に、雨が降らないように願った。

いっぱい願った。

関ヶ原で出逢えた仲間が喜ぶのが見たかったから。





雨はやんだよ。


ありがとう。


みんなで準備。

f0081311_23561525.jpg


「みんな」って言葉が好き。

夢があると想うの。


f0081311_23564021.jpg



昔、むかしは、小さなムラやコミュニティは、

毎晩火を焚いていたんじゃないかな。

火を守る番、お料理をする人、楽器を鳴らす人、智慧を伝える長老、

輪になって、和になって、炎を見つめてたんじゃないかな。

時間ってなに?

役割ってなに?

沢山の想いは火にとけ、昇る。



アフリカのピグミーの人たちの映像をみたことがある。

誰かが宵に太鼓をたたき出して、それにつられて踊りだして、

沢山踊りだして、精霊の仮装の踊りが始まる。


僕らには、インプットされてるんじゃないかな。

からだ、うごかすこと。

からだ、つながる、こころ、つながる、ってこと。


「あたまで考えるんじゃなくて、身体がつながっていく、こころの波長があってくる」

ぴーん。

すー。


ひととひととがむすばれるひをふやそう。

人と人とが結ばれる火を殖やそう

結ばれる火。 むすひ。 

一と一とが結ばれる火、日、灯をふやす。

5月の伊豆の山での体験を経て、想ったこと。

今回は一回目。


意味を紡ごう。

未来に馳せよう。

翼に乗せよう。


「未来の意味は、今生きている僕らが創っていくもの」

暑い日は自転車こぎながら、

「秋が来たら、もう少し、身体の中も変わるはずだ」



鴨川の河川敷を自転車をこいでいたら、

とんびとからすが喧嘩をしていた。



なにか変化の予兆かな。




(つづく)
[PR]
by kkiyono-lp | 2007-09-05 23:56 | Story telling