<   2007年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

早稲田への道

早稲田への道

u による、Web上での早稲田大学受験のための情報サイト。

そして u は今年、「道塾」を開塾。 

早稲田大学受験生の間では、かなり有名。

THE BLUE HEARTSを夜中に、朝に一緒に歌ったり、

夜中に裸足で「一風堂」にいく仲間。


いつもおうちに泊めてくれてありがとう。
[PR]
by kkiyono-lp | 2007-05-28 14:12

ウンザリ出来ない生活

ウンザリ出来ない生活

f0081311_1405166.jpg


大学時代を通じて、影響を受け、示唆をもらい、

そしてなによりもともにわしゃわしゃし続けた、ダビがブログを始めました。

現在、『そんな顔しないでよ』という場づくり中。

僕も、彼と創る渦に巻き込まれます。

2007年7月11日(水)に逢いましょう。
[PR]
by kkiyono-lp | 2007-05-28 14:01

Seoul

先週の週末に、はじめてソウルにいきました。

今回の旅は、去年、早稲田でつくったWaseda International Festivalがなかったら、

絶対になかったもの。

韓国で再会したソンちゃんもハムも、

一緒にいった(そしてチケットの手配からなにからなにまでしてくれた)黄さんも、

Waseda International Festivalなしでは出逢えなかっただろうから。

仲間がそこにいれば、そこはどの国だって同じだね。

まるで、高田馬場にいるように、まるで新宿にいるように、まるで早稲田大学にいるように、

ソウルタワーにいたり、ソンちゃんのおうちにお邪魔したり、

ソウルの真ん中をながれるハンガン(河)の岸で夜のピクニックをしました。

なんといっても、ご飯が美味しかった。

本当に元気になった。 焼肉がおいしすぎ。 ソンちゃんのお母さんの料理おいしすぎ。

韓国では雨が降るとチヂミがたべたくなるんだ。 お母さんのチヂミおいしかったー!


でも、なによりもうれしかったのは、ソンちゃんとハムの二人に逢えた事。

ソンちゃんは、滞在中ずっと車を運転していろんなとこにつれてってくれた。

ハムは、塾の先生をしたあとに、駆けつけてくれた。

人っていいね。

残るものは人なんだ。 再びつくづく思う。 

一緒に何かを創りあげて、形に起こるものなんてほとんどない。 

でも人は残る。 そして、ここでまた4人で笑いあえてる。

一緒に美味しいものを食べてる。

くだらない話をしたり、真面目な話をしたりしている。

出逢いに本当にありがとう。 ながく生きてみるものだね。

こんな風な日を、韓国で過ごせる日が来るなんてね。


ソンちゃんは、今年のWaseda International Festivalに日本にくるんだ。

もうちょっとで再び再会。 

まずはそれまでそれぞれの時間。 

そして、また逢うときは、時間を重ねようね。
[PR]
by kkiyono-lp | 2007-05-26 01:44

高田荘

早稲田には、高田荘がある。

三角形の敷地に建てられた、三角形の三階建て。

僕の仲間が住んでいる高田荘。

こないだ、うかがったら、みんなで素麺を食べていた。 僕も一緒に食べさせてもらった。

仲間の一人の就職先が決まって、乾杯できた。

話はつきず、冒険について、言語表現について、集団における自分の立ち居地まで、

たくさんの話をした。

僕にとって早稲田は、大学ではもちろんなく、そこでであった人たちの心の襞の集合体だ。

それは一言では表せないが、確かに肌触りがある。

人が好きだから、早稲田が好きなんだ。


朝方、部屋を出た後に、

仲間が窓から身を乗り出して「またこいよ」といってくれたのが嬉しかった。

またくるさ。


僕は早稲田のスピリットを持っている。 それは、ひとと繋がることに喜びを感じるスピリットだ。

今週木曜日、参加する人が心置きなく繋がれるように、

気持ちよく、楽しく過ごせるように、久々にしっかり動きます。

京都で。 

以下のイベント、そのまま転送も大歓迎!

僕が今でもこういうことができてるのは、間違いなく早稲田でであった人たちのおかげ。

スピリットはいまでも、もちろん生きている!

こころをこめて場づくりをします。

それが僕の教わったこと♪

京都の方、ぜひ参加ください。

京都に縁のある人がお住まいの方、ぜひひろめてください。


----------------------------------------------------------
動けば変わる!
「107+1~天国はつくるもの~」上映会+てんつくマントークライブ


人と何かを一緒に創りあげたことはありますか?

それぞれ、違う一人一人の人間が、

一緒に何かを創りあげるときのパワーは、本当に素敵です。

今回上映する、「107+1~天国はつくるもの~」は、

現在、2007年6月22日の夏至の日にむけて、

「豪快な号外」を全国で撒く「TEAM GOGO!2007」の発起人である

軌保博光 改め てんつくマンが、

7年半追いかけた夢が実現した映画です。

是非、みなさんに観てほしい、感じてほしい、

そして、てんつくマンの言葉をきいてほしい。 

すべては「やるか、やらないか」 「あきらめるか、あきらめないか」

皆さんの心に響くよう、TEAM GOGO!京都メンバー心から参加お待ちしています!



------------------------------------------------------

日時:2007年5月24日(木) 18:00開場 18:30開演

場所:ひと・まち交流館 京都
〒600-8127
京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83番地の1 (河原町五条下る東側)
TEL:075-354-8711  FAX:075-354-8712

参加費:1500円

問合せ先
E-mail: team_gogo_kyoto@yahoo.co.jp
電話番号: 080-3018-4684(清野)

主催:TEAM GOGO京都

※保育がありますので、お母様方にも安心して参加いただけます。

---------------------------------------------------------


10万人100万人でつくる参加型ドキュメンタリー映画
「107+1~天国はつくるもの~」
総指揮・監督 てんつくマン
製作・配給  (有)クラブ・サンクチュアリ
制作      今日まで支えてくださったすべての皆さま


すべてはやるか やらないか あきらめるか あきらめないか
天国をつくろうとしたド素人たちの真実の物語(ドキュメンタリー)。

死んでから天国にいって幸せになってもしょうがない。
生きている現在(いま)を天国にしてしまおう!

そんな呼びかけに、日本全国からアホな若者たちが大集合。
天国の舞台は、美ら島(ちゅらしま)・沖縄。
住むトコなし。お金なし。知識なし。経験なし。自信・・・・・・・?
ナイナイづくしのド素人たちを持っていたのは、
ちょっとの勇気と、でっかい想いだけ。

合言葉は「動けば変わる。やっちまえ!」

しかし目の前に現れたのは、想像を超えた難問ばかり。
「やめろ!」「無理だ!」「死ぬぞ!」「アホか!」
挑戦者たちに降り注ぐ否定の言葉の数、数、数。

「絶対にあきらめない!」
どんな逆境にもこたえないアホな若者たちの情熱に、
沖縄のこどもたち、おじぃおばぁ、そして全国の仲間たちも動きはじめた。

沖縄5ヵ月、海にでること1ヵ月、そして未だ混乱の続くアフガニスタンへ・・・・・・。
天国をつくる挑戦ははじまった。

http://tentsuku.com/


-------------------------------------------

「TEAM GOGO!2007」とは?


2007年6月22日の夏至。
史上初、号外を4900万部豪快に配るというギネスに挑戦!
豪快に号外をばらまき、“地球温暖化を始めとする日本の様々な問題”を解決するきっかけをつくるため、「みんなでちょっと動けば変わる」というライフスタイルを日本中に提案いたします!
そんなわけで、現在仲間を大募集中! 
たくさんの同志、資金、アイデアが必要です!

「2007年から日本が変わった」と語られるような世の中を一緒に作っていきましょう!

詳しくは
http://www.teamgogo.net/


TEAM GOGO! 京都は、
京都府全体で豪快な号外を撒く仲間です!
現在、仲間を募集中!
お問い合わせは team_gogo_kyoto@yahoo.co.jp
           080-3018-4684(清野まで)

TEAM GOGO! 京都は、
京都府全体で豪快な号外を撒く仲間です!
現在、仲間を募集中!
お問い合わせは team_gogo_kyoto@yahoo.co.jp
           080-3018-4684(清野まで)
[PR]
by kkiyono-lp | 2007-05-23 03:40

「みんな感謝祭!」

おくればせながら・・・・・

5月6日の「みんな感謝祭!」@早稲田に参加してくれた皆様!!

ほんとーに、ありがとー!!


「なにか一つに感謝すること!」をルールに、できた場でしたが、

想像を80倍くらい超えたものになりましたね!!


いつもの「うるとらカフェ」で、本当に祭がおこったね!

僕も、あんなに楽しい空間は本当に久しぶりでした。


ある人は踊ったり、

歌ったり、

カレーを持ってきてくれたり、

ケーキを作ってきてくれたり、

メッセージをくれたり、

映像を持ってきてくれたり、

実家から、つけものを持ってきてくれたり、

お菓子を持ってきてくれたり、

お花を持ってきてくれたり、

そしてなによりお互いが繋がってくれました!


また「みんな感謝祭!」やろうね!

次の開催予定は・・・・・

早稲田大学125周年の日♪


そういえば、24歳になりました。

うん。

お祝いしてくれたみんな、本当にありがとう!!

嬉しい!
[PR]
by kkiyono-lp | 2007-05-17 20:16

伊東

香川から静岡に移動しました。

静岡の伊東にある、サンクチュアリでの2泊3日。


自然の中に戻ると、

自律神経系が敏感になるようです。

白米と塩を一日二食食べました。

味覚が、とても敏感になる。

緑の色が生き生きして見える。

小さい音に気付くようになる。


僕らには、耳を澄まして、理論で考えないで、世界を捉える力が残っているんだ。

これは、はっきりとした確信。

f0081311_22401668.jpg

[PR]
by kkiyono-lp | 2007-05-12 22:40

ぴっぴ

香川に来たのは、2回目だけど、

ずっとここに来たいと思っていた。

f0081311_1558892.jpg


ここには、広い空があり、やさしさを抱きしめている人がたくさんいる。

f0081311_15585212.jpg


IZANAIの彼らは、いつも「いってらっしゃい!」といって、僕を次の場所へ送ってくれる。

それぞれ、場所は離れていても、心は常に近くあり、

それぞれ場所は違えど、起こっていること、興していることは近い。

レオマワールドでの3日間、一生忘れない日になりました。

ありがとう。 図々しいかもしれない。 でもいいたい。 みんなは僕の家族だと。

アカデミーは僕のおうちのひとつだと。

自転車(フェラーリ)を借りて、半日香川を走った。

ぴっぴに行った。

f0081311_1635655.jpg


ぴっぴ、すごすぎ。 うどんおいしすぎ。

細胞が喜んでいるのがわかる。

f0081311_1644219.jpg


あー、本当にしあわせだ。
[PR]
by kkiyono-lp | 2007-05-07 16:05

京都タワー

京都のことが、どんどん好きになってる。

どんどん、自分が楽になってる。

f0081311_13552226.jpg


昔、京都はあこがれていた場所だった。

無性に、京都に行きたくなって、高校をサボってギターを担いで行ったこともあった。

強く惹かれてた。

でも、今の感覚は違う。

住んでみて、仲間ができて、ご近所さんができて、

自分の中に京都が入ってくるみたいだ。

しばし、京都を離れますが、間違いなくここはとても愛しい場所。

いつか京都を離れた後も、「京都に帰る」といえるような生き方をしたいな。

香川、伊豆高原、早稲田、秩父。

Nomad的な黄金週間。

京都のみんな、なにかあったら、いつでも連絡ください!
[PR]
by kkiyono-lp | 2007-05-01 14:00