<   2006年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧

この愛はメッセージ!

多分、後から思い出しても、

今年一年は小沢健二を聴きまくった年になるんじゃないかなぁ、と思います。

聴かないにしても、精神的に小沢健二の波に乗っているかんじ。


こんなに小沢健二を聴きだしたきっかけは、

実はケニアにあります。

ケニアのマサイマラ国立公園を車を借りてサファリをしていた時に、

昔聴いた小沢健二の「大人になれば」が急に耳に聴こえてきたからでした。


草原より早く吹いてくる夜風

岩に立ち、闇を見てるよライオン


こんな歌詞が心に浮かび上がってきました。

ああ、これはなにか小沢健二になるんだな、ということで帰国後に聴き始めました。


そして、今朝またこんな彼の詞が浮かんでます。


この愛はメッセージ!

祈り、光、続きをもっと聞かせて!


先週の土曜日は、植林プロジェクトに参加してきました。

これで4回目くらいだと思います。

この日は、秩父の仲間のよっくん、たか、たけっちゃんが一緒にいったので、

本当に楽しかった! 

今回は僕達の秩父の活動をプロデュースしている

敏腕プロデューサーは、イタリア修行中でした。

山では、カエデとブナを主に植えました。

いろんな年代の人らがいて、勉強になりました。

夜は、一番館! やっぱり最高においしい! 

ごーちゃんも参加してふつふつヒートアップ!


いい話がたくさんできた日だと思いました。

ちゃんと、しっかり自分の道を歩いて、

未来に向かいますので、

僕が未来の仕事に就いたら、

みんなで海外にくりだそう! 七不思議とか!


日曜日は、千葉よさこいでした。

千葉についてから、忘れ物に気付き、おうちまで引き返すというミラクル。

でも、最後の演舞だけでも踊れてよかった!

姉にも会えたしね!


ちょっと最近疲れ気味でしたが、

昨日はちょっとリラックスしてすごしたので、

今日はだんだんとよくなっています。

天気もいいしね。


そして、今週は!!!!

早稲田祭!

R-TASTe、奇跡の初参加です。

それが、かなり楽しくなりそう!!

きっといい日になるって、びりびり感じます。

心を込めて伝えますので、

関係者の皆様はぜひ見に来てください!


11月5日 13時50分~14時20分

早稲田大学西早稲田キャンパス 大隈銅像裏 10号館パフォーマンスゾーン

R-TASTeの名前がなくても、驚かないでください。

「民族舞踏研究会」という名前で参加しています。


この愛はメッセージ!

祈り、光、続きをもっと聞かせて!

そんな勢いで、心を込めて今を過ごします。

 
[PR]
by kkiyono-lp | 2006-10-31 14:33

Let it be

夜、少しでも答えが来ればいいな、って強く思って寝たら、

朝、Let it beが頭の中で流れてた。

もう久しく聴いてないけど。


想いさえあれば、

Let it beっていえるかもしれない。

いまは、「そのとき」にむかって、地に足つけて生きてみようと思う。
[PR]
by kkiyono-lp | 2006-10-26 15:57

serendipity

「serendipity」とは

「偶然を幸福にする能力」だそうです。

また、忘れてた。

今日から、また心に働きかけてがんばろうと思います!

まずは、一週間!
[PR]
by kkiyono-lp | 2006-10-25 18:55

10月は大変だ! その5

あらためて、10月は大変だと。

雨のせいかなーー。

変に心がいっぱいいっぱいです。


で、なにがいっぱいいっぱいかと言われると、よくわからない。

ちょっとした破片がだんだん心の中にたまってるんだと思う。

一つ一つはたいしたことないんだけどね。

ま、毎週月曜日は疲れてます。


だから、もういっちゃうんだ!!!

大変なんだって!


でもちゃんとしっかり見ていけば、そこまでわるいことだけじゃないんだ。

きっと。

こんな時は、大変だけど、ちゃんと自分に働きかけようと思っています。


昨日は、久しぶりに日雇いのバイトをやりました。

日比谷公園でThe colectorsのライヴの設営とか、

案内とか、撤収をしました。

そのライヴのアンコールで、お客さんがチューインガムを投げまくる曲がありました。

あらかじめ「お客様がチューインガムを投げることがありますが、とめないでください」と

説明は受けていたものの、あんなにも投げるとは!!!

あんなにチューインガムが投げられるのはもう二度とはみないでしょう。

がむがむがむがむ!


今朝、卒論のことを考えていて、僕はなんの研究がしたいんだろうと、

再び考えてしまいました。

未来がうまく見えないときは、何かしらやってみるしかないんだと思います。

ちゃんと意識して、押したりひいたりすると、ちゃんと返ってくると思います

大変とは大きく変わること。 なんども自分にいってみます。
[PR]
by kkiyono-lp | 2006-10-23 15:40

あらはれ

「あらはれ」は、ふるい日本の言葉で、こころをひらくことだそうです。

昨日、今日と香川からIZANAIアカデミーのノリさんに来ていただいて、

北海道の祭一揆の作品である「あらはれ」の振り落としをしていただきました。


すごい踊りでした。 むずかしい!

心がなきゃついていけない!

でも、心があるとなにかが出はじめるような踊りでした。


ノリさんは本当に素敵な人でした。

夜に作っていただいた、牛乳と塩辛のパスタが最高においしかったー!


なんか、久しぶりに踊りを始めたころみたいな、がむしゃらな気持ちになりました。

いつも結構がむしゃらっぽいですが、

なんか遮二無二になった。


こうやってちょっとの期間でも心は変わるね。

ちゃんと心の中を大事にし続けたいな。

最近ちょっと変わってきていることがあって、

「ちゃんと次のステップに行こう!そのための準備をしよう!」って思ってます。

一つ一つできる限り心をこめてしっかりやっていこう。

心がこもってないと、何も動かない。


今回の週末のワークショップは、すごく大事なものにこれからさらになっていくと思います。

ちゃんと働きかければちゃんと返ってくるんだな。

そう思ってちゃんとやっていこう!

ノリさん、本当にありがとうございました。
[PR]
by kkiyono-lp | 2006-10-21 19:59

授業中に熱唱

昨日は、かつてない経験をさせていただきました。


早稲田大学の面白い授業として、そしてマジで熱い授業として有名な

原孝さんの国際交流と社会貢献の授業で

ゲストスピーカーとして壇上に立たせてもらったのだけど、

そこで早稲田で知り合った最高な仲間の鈴木基芳と一緒に、

歌を歌うことになりました。


目的は、人と人とがつながる共時性を体現するため。

誰かと誰かが空気を一緒に創るときに生まれる力を体現するため。

歌ったうたは・・・・・・おれんじれんじ! 「キズナ」!!

ふふふ。 それは結構すごいことだったぜ。


原さんの授業は、人間の大切さを教える授業だと思ってます。

その授業の壇上で、よくわからん坊主(僕)と190センチ近いスーツ姿の大男(基芳)が

大声でおれんじれんじ!


原さんとは1年のころから知り合わせていただいて、

本当にたくさんのことを学びましたし、今も学んでいます。

よくわからないことでもガチでやると不思議な力が出るものです。

なんか二人で歌ってるうちに、変な力が出てきて、楽しくなってきた。

教室の超満員のみんなもなんとなく楽しい感じになってくれたみたいでよかった。

一人にでも伝わればね、もうそれでいいんだよね。

伝えたかったものは、仲間のすばらしさとか、かかわりあうことの楽しさ。

人間ってそういうもんでやっていけてるんだもんね。

教室で歌をきいてくださった方、もしいたら本当にありがとう。

もうきっと次はないです(笑)


授業後、原さんや授業をとっている人何人かで、お茶会にいきました。

お茶会なのに、ビールをたくさん飲みました。昼の15時くらいから。

最近、昼ビールが多いな。

そこでも、いろんな人の話が聞けて楽しかったし、

勉強になった。

本当に人間ってのは、いろいろなバックグラウンドを持って生きてるんだなと思った。

そして、そんなさまざまなバックグラウンドを持った人らが集まって、

テーブルをともにしたり、時間を共有するというのはすごいことだなと再確認しました。


そして、早稲田に入って一番うれしいことのひとつは、

授業でゲストスピーカーとして話すために、

そして僕と壇上で歌うために、

13時からの授業に出れるように、ビジネスの合間をぬって、

12時40分に西新宿をでて12時57分に早稲田に駆けつけてくれるような

素敵な仲間ができたことだな、とつくづく思うのです。

ほんとうにうれしいです。

f0081311_20134452.jpg

[PR]
by kkiyono-lp | 2006-10-19 13:16

僕達の将来は

昨日は、急遽、僕が1年生のときにお世話になった素敵な先輩とのみにいくことになりました。

場所は、ひさしぶりの思い出横丁。

かなり久しぶりでした。 やっぱすきだなぁ。


彼女は9月から仕事を始めたとのことでした。

昔から、マザーテレサに心を馳せていた彼女は、

たくさんいろんな紆余曲折があったけど、

いまでもちゃんと未来にその夢を持っています。


そして、どんぴしゃでした。

先日僕がよなかのわっしょいで友人に借りた本が、

まさに彼女の心の中に浮かんでいたものでした。

そんな気がしてました。

茨木のり子さんの詩集でした。

ほんとうにタイミングってのはあるんだね。


できることなんて限られてるけど、

彼女とその本をつなぐことができただけで、

今日の役割を果たせたな、と、すーっと思いました。

貸してくれた咲さん、ほんとうにありがとう。


将来は、どうなるんだろうね。

周りのみんなが。

そろそろいろんなことが動き出すね。
[PR]
by kkiyono-lp | 2006-10-18 09:21

偶然得たものが次の偶然の鍵になる

ひとつのことが起こって、そこで何かを手に入れると、

次に起こる何かですぐそれが必要になることがあったりする。

必要とまでいかなくても、その次の場で

「こんなものあったらいいな」ってものが、ちゃんとあったりする。


いろんなものが語りかけてくるわけだけれども、

そんな風に、縁のなかで生成されていく偶然は、

自分にとって本当に大事なものだと思う。鍵だと思う。

手に入れて、出して、交換して。


最近はそう思うことが、いくつかあった。

というか、日々の中でなにかに興味を持つこと自体、

そういうことなのかもしれないですね。
[PR]
by kkiyono-lp | 2006-10-17 19:52

STAND UPとウガンダのエマさん

昨日、日比谷シティ広場であった

ほっとけない世界のまずしさ主催のSTAND UPというイベントについて書きます。

10月17日が世界共通のホワイトバンドデーということで、

日本を皮切りに全世界で、貧困撲滅を目指して立ち上がろう!イベントでした。

立ち上がる人数でギネスに挑戦! らしい!


昨年度開催したYosakoi RAVE2005から、R-TASTeは、ほっとけない世界のまずしさの

賛同団体として名乗りを上げて活動しているわけですが、

今回初めて、ほっとけない主催のイベントで踊らせていただくことができました。

参加したそれぞれにとって、学びの多いイベントになったのではないだろうかと思います。


僕には、

昔から、人を感動させたいっていう潜在的な欲求がありました。

そして、世界の問題と向かい合いたいという欲求がありました。

今、それが本当に一つのかたちになりはじめたのかな、と思います。

R-TASTeという愛している仲間と、

いい世の中をつくっていこうとする人々の輪づくりのお手伝いができることが

本当にうれしいです。

こんな仲間ができちゃうなんて凄いね! みんなのこと大好きです。

本当に、ありがとう!!


その後、ラウンドトークにも参加させていただきました。

Rのみんなも遠くから応援してくれてありがとう。

本当に、「愛だー!!!」っておもったよ。

僕らを支えているのは、コミットメントだと、誰かと繋がっていることなんだと、

つよくはっきりと認識しました。

そういうことなら、僕にだって、誰にだってできるんだ!


僕自身も、自分の生きていきたい方向について、

ちょっとづつだけど、近づいていけてるって気がしてきた。


その後、大学にもどってしめきりが迫っていたドキュメントを仕上げて提出し、

偶然つかまえた1年の頃からの親友の前ちゃんの大学院合格祭を急遽しました。

朝5時まで。

うーむ。 まあ、めでたいことは大事にしようぜ。 のびのびやろうぜ。

まだこんな力残っているぜ。  遠方より友来る、本当にそれってうれしいぜ。

自然と引き合う力がやっぱり人間にはあるんだね。

ちょっと疲れてたから、少し寝ちゃったけど、いいお話ができました。

未来だー!!


そんまこんなで、今日はウガンダからスペシャルゲストが早稲田に来ました。

エマことEmmanuel Mwakaです!

かれは「東アフリカの子供を救う会 アルディナウペポ」という団体に参加していて、

今、日本に来日しており、今日は早稲田小学校の6年生の授業に登場しました。

陽気な紳士ですが、

ウガンダ北部の内戦やそれから派生するまずしさなどを経験し、

東アフリカのトップ大学であるマケレレ大学を卒業し今に至っています。

急遽、ケニアのスタディーツアーつながりで、

エマの小学校での授業のお手伝いをさせていただくことができました。

お手伝いといっても学ぶことばっかり。

小学校に行くだけで、結構どきどき。

あそこは子供のサンクチュアリだわ。 社会だわ。

エマの話をきらきらした目できく子供らが胸に残りました。

こういう活動のお手伝いはこれからもやっていこうと思っています。


授業後に、エマと今回の授業を企画した写真家の桜井さんや早稲田の仲間と

norari:kurariへ。

なんか、また浮かれちゃってるから、昼間からビールを飲んでしまいました。

チリビールのパタゴニア・ポッグ!最高!

ちょっとでもいいからビールでも飲んで、アフリカ人と話すと、

すっとなじんでくる自分がいる。

ケニアでもそうだったな。 

サミュエルというグッドガイが「ビールのみにいこう」って誘ってくれて、

それから生活が全く変わったっけ。

今日は、早稲田であんな気分。

僕はまたアフリカに行くだろうな、びびりのくせに、って思った。

いい日々、いい仲間、いい時間。

幸せ?ってきかれたら、

幸せだ、っていっちゃうぜ。

今度、エマとかみんなでどっか遊びいこうと考えてます。
[PR]
by kkiyono-lp | 2006-10-16 17:56

STAND UP

今日はR-TASTeとして、ケニアにインターンシップをした人間として、

ほっとけない世界のまずしさ主催の「STAND UP」というイベント関らせていただきました。

ほんとうに縁ですね。 うれしい。

詳細はまた明日書きます。

STAND UP!

まだ、浮かれてんだ☆
[PR]
by kkiyono-lp | 2006-10-15 21:56