<   2006年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

夏休みです

学生である自分は、夏休みに入りました。

最近、ちょっと、がつんとくらうことがいくつかあったので、

(どれもたいしたことじゃないんだろうけど)

心の安定に励みたいです。


がつんときた一つは、閉店。

もう一つは、映画。

もう一つは、時間の使い方がうまくコントロールできなくなっていること。


映画とかみると、すごく影響受けてしまいます。

こないだは『息子のまなざし』と『ある子供』をみたんだけど、

息が切れそうだった。

ああいうことも、映画はできるんだ、って感じた。

ただ、夏の蒸し暑い日にあれをみると、こころが折れそうになってしまう。俺だけか?


時間の使い方ですが、

自分の時間を大切にすることをもう一度しっかりしたいです。

それなしでは、誰かと向かい合うための蓄えをつくることができません。


去年、日本にいなかったせいか、今年の暑さは自分にとっては危険です。

心身ともに健康な、ちゃんとした生活をしようと思います。
[PR]
by kkiyono-lp | 2006-07-31 14:40

僕らが旅に出る理由

小沢健二の歌に『僕らが旅に出る理由』という歌があるけど、

昨日くらいから、そのことを考えていました。


みんながそれぞれ、動き始めるのを日々みています。

本当に、今いる場所を離れて、新しい場所へ動く人が多いです。

フィンランド、パプアニューギニア、韓国、アメリカ、イギリス、スペイン・・・・

いままで、早稲田にいた留学生も、日本人の友人も、

みんな動き出す。


自分の生まれた国に帰る仲間も、新しい土地で学ぶ仲間もいるし、

日本の学生の代表として海外に行くやつや、

仕事の関係で海外に行く方もいます。

そして、今度、日本に帰ってくる親友もいる。

海外で自分の表現を突き詰めようとする同志、

突き詰め始めている古い友達もいます。


こんなふうにみていると、僕達は元来、移動する生き物なのかと思ったりします。

別に海外に行くことだけが移動することじゃない。

どこからかどこかへいって、誰かとあって、

交換し、その後のつながりをしっかりとつかんでおく。

移動によって生まれるエナジーがいろんなことを面白くしたり、

心に波紋を響かせたりするんだと思います。


大事なものをもらったら、その分誰かに返したい。

その誰かが、嫌ではない方法で。


最近、自分としっかり面を向かって話してくれる人が増えてうれしい。

たとえ、少し強く言われたって、想ってくれてんだ、っていまなら、ゆるりとなれる。


旅立つひとに、

あたらしい旅にでるひとに、

『僕らが旅に出る理由』から次のことばを。


― そして毎日は続いてく

   丘を越えて僕達は歩く

   美しい地球に訪れた 夕暮れ時の瞬間

   切なくて切なくて胸が痛むほど
   

   遠くまで旅する人たちに

   溢れる幸せを祈るよ

   僕らの住むこの世界には 旅に出る理由があり

   誰も皆 手を振っては しばしわかれる


かたちを変えたとしても、いつまでたってもこの胸に、

あたたかいものが溢れますように。

それが希望だったり、優しさだったり、音だったり、愛だったりするんだと想う。


体には気をつけて、心躍る日々を送ってください。

また、「ここ」で会いましょう。
[PR]
by kkiyono-lp | 2006-07-28 15:06

海にいった

月曜から昨日まで、新潟の海にいってきました。

最高に気の合う仲間と。

気の合うっていうのがおかしいような、昔からの仲間と。


到着した朝は、本当にすごい雨で、

ここまで降るかっ、って感じだったんだけど、

午後に奇跡の天候回復!

海で遊べました!

よくわからないけど、ボールを使った遊びがたのしかったです。

男5人が海の中でボールぶっつけっこしてるのは、

なんかすごいものでした。


あと、ものすごいおいしい寿司と海鮮丼をたべましたぁーー!

うぉーー!

頭の中で麻酔効果が起こっているのがわかりました。

おいしいものばかり食べると、人間は廃人になるんじゃないかと思います。


夜は浜辺で飲みながら語って、

花火して、カップラーメン食べたくなったので、

民宿の台所に忍び込んで、お湯を沸かしてたら、

民宿の人に見つかって、おこられて。。


馬鹿やってんな。。

でも昔から一緒に馬鹿やってるやつらと、今もこうしていられるのは、

本当にうれしいよ。


いつか自分達に子供や奥さんができたら、こんな素敵な仲間と、

海に遊びにいきたいです。

みんな子供づれでね。

f0081311_10332427.jpg


f0081311_10342081.jpg

[PR]
by kkiyono-lp | 2006-07-27 15:50

できることをやる

まず、お知らせです。

自分が出させていただく、祭ミュージカル「Riot!」のサイトができました!

http://www.r-taste.com/riot/index.html

是非良かったら、観に来てくださいね☆


最近、素直さがあがってきている気がします。

あと、許せるようになってきている気がします。

それは、結果として、自分がやれることをやるってことに繋がるんだと思う。


このあいだ、原さんという人がやっている、何でもしゃべる会に参加しました。

あんなにちゃんと人がいっていることを聞けたのは初めてかもしれない。

で、なんか泣けた。


あんなに人前で白昼堂々泣くのは、初めてだろうな。

悲しくて泣いたんじゃなくて、うれしくて泣いたんでもなくて、

心にかかっていた枷が外れて、溢れて泣いた。


病んでるとかじゃないと思います。

誰しも、気付いていないようで気付いてる枷があるんじゃないかと思います。

気付けば、変にこだわってたり、その周りをなでられると、

過敏に反応してしまったり。

でも、そのポイントは、いい意味でも、悪い意味でも、

すごく大事なことだと思います。

ただ最近はそのあたりが、少し動き出した。 いい方向に。


僕は、やはり浮き沈みが激しいけど、昔よりは、良くなってきているし、

生きていること自体が、どんどん楽になっている気がします。

そして、人に会える気がする。

人に自分から向かっていける気がする。


実は、今夜から海に行きます。

いい時期に海にいけそうで、うれしいです。
[PR]
by kkiyono-lp | 2006-07-24 14:54

人に育てられてた

時々、ふと、自分を育ててくれた人のことを考えます。

それは親もしかりだし、出会った人もしかりです。


自分にも、もっと若い時期に出会って、

いろんなインスピレーションを与えてくれた人がいました。


今思うと、高校時代くらいに大きな影響を与えてくれた、

幾人かの人ってのは、

状況や立場がかわっても、

とても重要な気がします。

やっていることはかわってもね。


今朝、朝ごはんを食べていて、

気付いたんだけど、

10代のころ、僕が幾人かの人に心をわって話せたのは、

そのひとがちゃんと聞いてくれたからだったんだ。

僕が、鬱積した気持ちを解き放てたのは、

彼らが話を聞いてくれる姿勢を見せてくれたから。

自己中心的で、自分が抜きん出ようとしているだけの自分は

(こういうのって「いきがってる」っていうのかな?)

逆にその人の話を聞くことはなかった。


でも、いまなら少しずつわかってきた。

人の話を聞くことが、自分にとって重要だってこと。


僕は、いつでも、自分の話をきいてくれる、自分より年上の人たちに恵まれてた。

みんな優しくて、素敵で、人間らしかった。

なかなか、会えなくなった方もいるけど、

ここで、自分がどう生き、これからどう生きていくかが、

想いを馳せる術だと、考えています。


今日もこれから、幾人かの人に会います。

どんな風に在るかが、どんどん大事になってきたし、

だんだん深く考えらるようになってきていると信じます。


未来に向けて、進む時期が来ていると思います。
[PR]
by kkiyono-lp | 2006-07-22 12:43

大雨・初めて会った!

最近、雨が多いですね。

いつも、去年の天気なんて忘れてしまうけど、

毎年こんなにふるんだっけ?


地震やら、洪水やらが多いと感じるのは、

そういうものに対して、自分の関心が集中してるからか、

それとも、反復的に災害が起こるから、メディアの取り上げ方が機敏になってるからか。

この「雨」っていう字って本当に、空から水が落ちてきてるって感じだよね。


最近は、うまい具合にバランスが取れている生活ができています。

精神的にも余裕があります。

今朝も、なかなかいい感じに起きられました。

日々素敵なことが見えるみたいです。

山あり谷ありですが、こんな時期はほんとにいいです。


そういえば、おととい、9月1日~3日に出させていただく「Riot!」の練習で、

初コンテポラリー体験でした。

すっごい、すっごい面白かった!

世界が違って見える。

また、やりたいな。

結構、本気です。


そういえば、昨日はミラクルがありました。

生まれて初めて(記憶してる限り)、自分と同じ誕生日の人に会った!

今、関ってるWASEDA125という早稲田大学創立125周年をいわうプロジェクトで、

同じチームのリーダーをやっている内藤さんです!!

みらくる。

しかも、生まれ育った環境は違えど、自分と似ている側面もたくさん持っている人です。

こんなこともあるんだね。

縁ですね。 ほんと、人間て。
[PR]
by kkiyono-lp | 2006-07-21 09:58

夜想曲

5月~6月にかけて、サンフランシスコでピアノを勉強してる、

親友の山中という男が日本に帰ってきていた。

日本滞在中に、ピアノが弾けるバーかなんかで、

ちょっとした演奏会をしようと考えていたんだけど、

なかなかお店が見つからずに、来年日本に滞在する時に、

どこかホールを借りて、演奏会をする約束をしました。


彼が特に弾いているのは、ショパンです。

でも、聴いたのは一度きり、

空港に彼を迎えにいって、そのままの銀座のYAMAHAで試弾したときだった。


表情と、彼が創る空気がすごかった。

彼は、音楽にかけてる。 貫いている。

来年は、本当にいいパフォーマンスをしてくれると思いますので、

いい音が聴きたい人は演奏会来てください。

清野ががんばってイベント手伝いしますので(笑)


彼の影響で、ショパンの『夜想曲』を少し聴いたりしました。

僕が思ったのは、

「日々の暮らしや時間の流れの中で、どうしてもたまってしまう心の滞りを解消するには、

力で押したり弾いたりするんじゃなく、それをひしっと受け止めるために優しい音楽を

聴くことも必要なんじゃないか」

ということでした。


無理に乗り越えられない心のしこりは、

ちゃんと抱きしめてあげることが大事なんじゃないかと。
[PR]
by kkiyono-lp | 2006-07-20 13:00

WIF解散式・大雨の日のカフェで

昨日はWIFの解散式でした。

みんなとであったころは、みんなのことがどんな人間かわからんくって、

戸惑ったり、遠くから眺めたりしたけど、

不思議なもんだね、今じゃもう、家族みたいになっちゃったよ。

僕と、君とは違うけど、許せるようになったんだ。

それぞれの道を行くだろうけど、

この縁は本当に大事にしたいです。

これからも、よろしくお願いします。



それで、今日は大雨の日の中、カフェにいって、

友人の世一くんと、初めて会った鈴木さんという人と話したんだけど、

すごい楽しかった。

世一くんが創っている祭の話、鈴木さんがやっている短歌の話、

現代美術についてとか、いろいろ話してて、

最終的に3人ともお互いにパワーもらったかんじ!

二人の今後の動きが気になる!


なんか、自分が関わっている人がやっていることをまた誰かに伝えるようなことを

やりたいなって考えてます。。。

構想中!
[PR]
by kkiyono-lp | 2006-07-19 18:55

僕は、生活のリズムの浮き沈みが激しいんだけど、

やっぱり、いいときってのは、人の縁が活性化していると思う。

生活の中で、触れる言葉や事柄が一つに結びついて、

そこにちらっと力のうずまきがみえる。

こんな時は、たくさん素敵な人に会えるし、

自分から、すんなりとあたらしい場所に入っていける。


自分の最も基本的なことですが、

縁を大事にしていく、というスタンスは決してなくさないようにしようと思います。

そのためには、

一つ一つの出会いや瞬間を大事にする、相手を大事にすることを忘れないようにする。


たしかに、手からこぼれてしまうものもあるでしょう。

しかし、それさえも選んでいるんだ。

何かを手にするとともに、何かを手にしないって、決めたりもするんだ。


わがままに見えるかもしれないけど、

強くインスピレーションを感じる行動をとっていきたい。
[PR]
by kkiyono-lp | 2006-07-18 14:25

人のために

人のために何かをすること、に喜びを感じていきたい。

いつだって、誰かそこにいるから。

甘いかもしれないけど。

そんなことを、暑い中考えていた。

いまやっている、ちいちゃなことも、何かしら、

誰かにつながるなら。

誰かに。

つながってると、信じてみると、

すこし、しゃんとする気がする。
[PR]
by kkiyono-lp | 2006-07-12 23:25