カテゴリ:2008年 72の物語( 10 )

第十話 ふぶき


「自己を守っての、創造はなく、また救済はありません」




マチャバはつぶやいた。

清水博先生のことばだ。

今夜は、やけにそのことばが響く。


夜は急に寒さを深め、町の雨は雪になった。

街頭も、電話Boxも雪に包まれている。

マチャバは歩いているのだ。 雪の中を。


銭湯でみたテレビの中のニュースキャスターが言っていた。

「この国はどういう枠組みになっていくのか、ビジョンがないんです」



変化していきたい、とマチャバは想う。


「ここまで来た世の中だからこそ、志を持って生きて生きたい」

もう旧くなった手帳に、なんども赤いペンで書き付けていた。

なんども、なんども。


「志」

こころざし。


銭湯で、ゆっくり、心臓の鳴る音を聞いてみた。

そのものになってみた。

心臓の鳴る音になってみた。


「生きている」


生きているなら、「生きて」いたい。



「出すべき波動は希望である」

昔、年始のビールを開けながら、古い仲間と辿りついた、貴重なテーゼ。

それは、最高の一滴みたいに、ずっと胸にある。


今夜はふぶく
[PR]
by kkiyono-lp | 2008-02-13 00:10 | 2008年 72の物語

第九話 少年の夢



少年の夢は冒険を生きることだった。

彼は、とくに絵が得意なわけではなく、

運動が得意なわけではなく、

どちらかといえば怖がりで、

自分以外のものを受け入れるのが下手だった。



まわりのものはすべて未知だった。



そんな性格から、彼はたくさんの人の手を焼いてきた。

彼は「わがまま」な子供だった。



「彼は『わがまま』な子供だった。」と彼はいまはちゃんと認められるようになっていた。

しっかりと時間は流れ、少年は青年になった。


好き嫌いも減った。

恐れはまだあるものの、昔より相当軽くなった。



彼は、今、生まれた町から西の方角にある町に暮らしている。

そこで、耳を澄まして暮らしているのだ。

ずっと聴いてこなかった、小さな音を聴くようにして。

沢山の忙しい足音にかき消されていた音を聴くようにして。



それは、突然の出来事だった。

ふらりと立ち寄った中華料理屋で彼は海鮮そばを注文する。

旧正月だからか、まわりはチャイニーズが多い。


「睦月」

親類縁者と仲睦まじくする月から、睦月。

人が再び出逢い、わしゃわしゃする。

団欒する。 食卓を囲む。 そんな素敵な月のはじまりだ。

そして、今日から一年の始まり。

どんな航海になるだろうか。


その中華料理屋が、昔その町より東にある、

彼が生まれた山間の町に住む祖母とよくいった

中華料理屋とおなじ空気が流れていることを彼は感じた。

空気、というよりも、波長というべきか。



―そのとき おもいだした 少年の夢

  少年は 冒険を 書いていた

  こっそり書いていたんだ

  「冒険を生きたい」って感じながら

  
昔、少年だった青年は、今の居場所が判った気がした。


「冒険みたいに生きたい。」

その想いが、彼自身をこの町まで連れてきたこと。

沢山の人の間に紛れながら、ここに流れ着いたこと。

そして出逢いを重ねてきたこと。


彼の名前は 「マチャバ」 

最近は、つまらないことでだまされたり、情報におどらされたり、

人を無力化していくトリックが嫌いだ。

そして、こっぴどく自由と冒険と酒と音楽とそれに類するものを愛している。


マチャバは1ヵ月後に

「秘密を知る旅」を計画している。

手帳にも、旅に関する内容の羅列がふえてきた。

それは、「大きな蜂の巣の都市」と

「音楽の溢れる島」への旅


「冒険はいい。 やっぱり、いい。」


--------------------------------------------------------
お知らせ

普通免許を求めて
教習所に通い始めました 笑

←Link中の 「わくわく!普通免許QUEST」随時更新!

大の機械の苦手が冗談みたいなテンションでライセンスを手に入れることはできるだろうか?

とにかくmoveを聴きながら、書いてます。
[PR]
by kkiyono-lp | 2008-02-08 03:28 | 2008年 72の物語

第八話 春 立つ 日


季節をわける「節分」のよる

人たちみんな 杜にあつまった


一年間 厄をはらってきたお札や縁起ものを火に還す

神主さんがお払いをして 火がつけられる

f0081311_2333794.jpg



火は生き物のように 振るえて 揺れて 踊った

火の粉は意志をもって どんどん 高い空に 昇っていった

蛍のように ひかって 昇った


f0081311_236163.jpg



風がおこる

神社の境内を 結界の注連縄を 揺らしてた

火を見守っているのは 人たちだけじゃない

たくさんのいのちが火をみつめていた

そして すこし 暖かさの中で 襟をゆるめてくる


f0081311_2381151.jpg



火をずっとみていた


それは ぼくたちをこえたちから

えねるぎーそのもの


次のあさ

確かに感じた 寒さの中に混じる「春」

変化は 「ここからここまで!」なんて区切られるんじゃなく、

大きなものの中に、小さな変化が忍び込み

やんわりやんわり 変えていく 変わっていく


ベランダで伸びをしたら

黄色い小鳥が横切った


春がはじまるよ




------------------------------------------------------
お知らせ

写真をすこし上向きのやつにかえてみました 笑
[PR]
by kkiyono-lp | 2008-02-06 02:42 | 2008年 72の物語

第七話 魔法使いたちの時間


「どこからきたかもわからないもの」

街中に溢れている


「なにが入っているかもわからないもの」

そんなものばっかりに 龍のかたちをした島は埋められていた


日に日に、不安なBGMは大きい音で鳴り出した


「一体、なにが本当なのか?」

「安全って、なんなのか?」

「信頼、ってなんなのか?」



誰だって、「これは、安全かなー? 農薬入ってないかなー?」

なんて疑問を持ちながら、お食事なんてしたくない



でも、かわいそうなのは、龍のかたちの島のひとだけじゃない


名前も付けられず、どこからきたかも知らされず「加工」されるいのちたち


どこかの土で生まれたとしても、それを剥ぎ取られてきたいのちたち

なぜ?


いっぱい 危険な目に合わされてきたから

「どんなことをして、ここまでたどり着いたか分かっちゃたら、そもそも普通の人は買わない」




「工業製品」じゃない。

いのちは。

いのちをささえるのは。


でも、たくさんのお薬をつかって、

野菜を「まっすぐ」にさせたり

「彩り」を美しくする方法を

眠れる獅子の国に教えたのは 

龍のかたちの島の人だった

「かたちのいい野菜じゃなきゃ、売れないぞ」

「虫がかじってちゃあ、市場では売れないなー」

眠れる獅子の国のお百姓さんの耳元でささやいてきたのは

龍のかたちの島の人だったという話だ


そして、そんなかなしいものたちを、無言で支持してきたのが、

龍のかたちをした島の人たちだったってことだ




食品添加物でざらざらになった口で想う

「もうやめにしたい」

いのちをないがしろにすること

じぶんをないがしろにすること

そして結果として未来をないがしろにすること


テレビっていう箱は、なにも教えてくれない

お金のある人の不都合なことは流せないんだから


そんなふうに 龍のかたちをした島は ちょっとくるっちゃってた






魔法使いたちがふえだしたのは

最近だ

僕は、もう24年も魔法の研究をしている

列記とした魔法研究家だけど

(ちゃんとアカデミーが出しているライセンスだって持ってる。)

この年になって「魔法」とはなにかだんだん分かりだしてきた


それは 

「想いをこめて 現実を変えていく力」



「ものに愛を込める」

それは、あったかくて、

素直で、

機械が、がっちゃん、がっちゃんしてつくったのとは違う

人の心を和やかにして

人に自信を与えて

それ自体が光っているもの

料理、お野菜、靴、時計、絵、そして壊れたものを直す「なおしやさん」・・・・・

「ものと出逢うことは想いと出逢うこと」

だれが創ったものなのか、

その先に創った人は笑っているか


それが安全で、信頼だと僕は想う

それこそが「魔法」なんだと想う


もちろん「ことば」だって魔法になりうる

「おはなし」だって魔法になりうる



「正しいことがみえなくなって

疑問だけが

日々を埋めていく時

魔法使い達の時間がはじまる

希望の灯火は

その手のひらの一つ一つの動きから始まって

波動のように広がって

なにが「価値」なのかもう一度、教えてくれる」


---------------------------------------------------------------

友人の船橋和花ちゃんがBlogをはじめました

リンクさせていただきました。

いままで友人のBlogが名前だけで、

どんな人かわからなかったので、

ちょこっとづつ紹介を書いてみました

(不本意な説明だったら、すいません。 そのときは言ってね)


もう一点

リンクにある、虔十の会の関西広報担当になりました

是非たくさんの人に知って欲しいです

東京の高尾山のことです

http://homepage2.nifty.com/kenju/
[PR]
by kkiyono-lp | 2008-02-02 03:46 | 2008年 72の物語

第六話 「2Dから4Dへ」


さあ、本を広げてみて。





ちかくにある本でいいよ。




できるだけ難しい言葉が書いてある本がいい。

「概念」とか「科学的実証」とか。






「言葉は言葉を構築し、言葉のお城を建てる」


誰が、言葉のお城に住む?



それは、きっと、

平面の世界で起こっていること。

やっぱり「リアル」からは遠かった。



「言葉を知っていることが力だと思っていた」


でも、言葉を全部取られちゃうくらい、

言葉のお城が全部崩れちゃうくらい、

心が震えて感動したら、


さて、どんな言葉を話そうか。

どんな言葉を紡いでいこうか。




「やっぱり言葉は道具だ」

道具は、目的があって使うもの。

道具のために、道具を使うなんて、やっぱりなんか違うと思うんだ。



「リアル」

それは、動いている世界。

3Dが立体だとするならば

その立体の広がりさえが、

動き続けていることを意識的に感じること。

それが4Dだと、いま、思っている。



「たくさん 考えたり 悩んだりしてきたけど

『ちゃんと変わっていく』っていうことだけは確かなことなんだと今はいえる」


雲が流れて、形を変える。

四季の変化で、木が変わっていく。

四季っていうのは、地球と太陽の関係で、一秒一秒、とっても小さい度数だけど角度を変える。

月は満ち欠けを呼吸みたいに繰り返す。

僕らの身体も毎日変化する。 滞りも流れもある。

ある人と今日は近づいて

ある人と今日は離れていく。

ある人のことを今日感じたら、明日その人感じるとき、その肌触りはきっと違う。

今日できないことは、明日になったらできるかもしれない。今日と明日は違うから。

違うから愉しい。 変化するから素敵でドラマチックだ。

だから 毎日を 毎瞬間を 抱きしめたい

言葉にしたらわからないこともその一瞬で抱きしめたい。

生きたい。

感じていたい。


そろそろ 節分

旧暦の新年

「4Dを生きよう リアルを生きよう」って思っている


---------------------------------------------------------
藤村賢志さんの
Blogを リンクに加えさせていただきました。

藤村さんとは
不思議な縁の中で再会しました。

また、逢いたいです。


そして Blogの名前を 変えました

写真は ご近所さんの美樹さんにとってもらったものです

顔写真公開です 笑

美樹さんのBlogもリンクさせていただきました
[PR]
by kkiyono-lp | 2008-01-29 02:54 | 2008年 72の物語

第五話 モーニング? 「グローリー!」 



おはよう!

Good morning!


今日は どこで 目覚めた?


ベッドの上?

はたまた、道端?


もしかしたら、車の中?


僕は 街

大宮の街

「モーニング? グローリー!」



ズンタカ探検隊の歌 作詞 東山 雄介 作曲 恋塚如木 演奏 よっくんバンド 


ズンタカ ズンタカ ズンタカタ ズンタカ探検隊

ズンタカ ズンタカ ズンタカタ ズンタカ探検隊

I listen the radio from morining to midnight

深夜のベールが降りるまで

今日も カラダを乗り回す

狭いところから 広いところ

ちっと見えないところまで

カラダを変えて すべりこめ

するり ひらりと ちょんと いけ

ズンタカタ ズンタカタ ズンタカタ ズンタカ探検隊

I listen the radio from morining to midnight


BGMはこんなかんじ

電車の車窓に見える音



朝のコーヒーショップに

コーヒーの湯気


そして 夢にみた サンドウィッチ!


もしこれが真夏のオープンカフェだったらー・・・・


モーニング? グローリー!


街は 朝

人たちの時間

ちゃんと照ってくれている太陽

隠れていてもそこにはある


探検隊の動向は
気になるところだけど
ちゃんと任務は果たすのさ


Good morning!

素敵な朝をシェアしてくれてありがとう


そんで明日も愉しく、ウエルカムでいってみようか!?


今夜もmidnightのカーテンがしまる

そして、今夜もブギーバック!
[PR]
by kkiyono-lp | 2008-01-26 02:12 | 2008年 72の物語

第四話 「たまには飲みにいこうか?」


「たまには飲みにいこうか?」


赤い光が灯るすてきなバーカウンター



「たまには飲みにいこうか?」


ビールが150円の店長が背中でオーダーをきく店



「たまには飲みにいかない?」


鳥居の前のおでんのテント



「たまには飲みにいこっか?」


長い旅に出る前に黒飴をくれたおばちゃんのお店



「たまには飲みにいきましょう?」


素敵なママが笑ってくれるピエロのお店



「たまには飲みにいってみる?」


夏の風が通る道端の焼き鳥やさん



「せっかくこっちに来たなら、飲みにいこう」


いのちをかんじる「大丈夫」な空間



あちらこちらで

誰かと逢うのさ


それで

ちょっと深い話とかする


昔の話を紐解いてみる


それで笑い話にしてみる



人にものがたり

大切なおはなし


ちゃんと動いてくれる星たちのおはなし
[PR]
by kkiyono-lp | 2008-01-23 02:01 | 2008年 72の物語

第三話 どこにいけばいいか 伝えてくれる 手


「気付いたら、行き止まりだった」

「どこかで、道を間違えたのかも・・・・」

不安が、心を奪ってしまうことがあるのです


でも、大丈夫。

そこは、ちゃんと、あなたが行くべき場所だったんだ。

あなたが立ち止まるべき場所だったんだ。


失敗をして、振り返っても、そこには風が吹いているだけ

回り道しても

落し物をしても

描いた自画像が破られても

これほどにはないほど、圧倒的に奪われても


誰とも代えがたい道なんだよ。


「ちゃんと

耳を澄ませば

行くべき道は、聞こえてくる

目で見えるものだけにしがみついちゃ駄目だ」



こっち、こっち


ちゃんと、わかるよ

そして「わかる」といってあげよう


不安な心に「大丈夫だよ。」といってあげよう


長い夜も越えていこう



手招きしている

未来の尻尾

ちゃんと道はわかるはず

自分の中で通っているはず



「だから、大きな物語にまけない、

根っこに近い物語を思い出して。

なにが好き? 君は誰?

抱きしめよう。」


「うん、抱きしめる」

---------------------------------------------------------

東京の高尾山で

今起こっていることをなるべく多くの人に知ってほしいです


高尾山は水の豊かな山

もし、トンネルで穴が開いたら・・・

今度の19日がとても重要な日になりそうです


虔十の会Web http://homepage2.nifty.com/kenju/
[PR]
by kkiyono-lp | 2008-01-16 01:57 | 2008年 72の物語

第二話 たくさん の 星 との 距離


長いカウンターのあるお店


店の奥の方では、マスターが古酒を飲みながらなにやら書き物をしている

すぐ隣には、南の島から、大都会、そしてこのまちをまわりつづける体を治す女性

カウンターの中では 美味しいご飯をよそってくれる女の子


ちくたくちくたく

しっかり刻んでくれる時計


いま「おいしい」ものを食べて、

おもいきり土の恵を食べて、

「頭で考えるの、馬鹿らしい」と

眠くなってきた。


こんなに「豊か」なのはいつぶりだろう?



「この瞬間にも東に30km・・・

この瞬間にも東に30km・・・」


つまり時間っていうものは

1+1って風に、

積みあがっていくものじゃなくて、


緩やかな円形、球形の中で、

他の円形、球形のものたちと

どんな関係にあるかってことなんだ


例えば、

地球は1年で太陽の周りを360度回るわけだ。

「1日」大体1度くらい。

それを24で割ったら、「1時間」で0.04166666・・・度

それを60で割ったら、「1分」で0.0006944444・・・度

それをさらに60で割ったら「1秒」で0.00001157407・・・度


「この瞬間ってのは、紛れもなく、地球が太陽の周りを0.00001157407・・・度動くこと!」


確実に変化して、いまも、いまも、いまも!



でも

あせることはない


お茶を一口飲む


根っこがあれば怖くない



「尾骶骨あたりと頭の辺りの戸をひらく」

トントンってノックする



ある日突然届く 遠くからの声

それはまさに流れ星


ゆっくり変化して

離れたり 近づいたり

それは 繋がっている 縁深い星達


様々な位置の変化が

物語を紡いで

どこにもない物語になる


大きな流れと

ひとつになる

Life is coiming back!

過去の自分と

ひとつになる

Life is coming back!


「このグラタン、本当に美味しいのよね。

昨日も食べにきたんだけど、今日も来ちゃったの」


「そんなお店って、本当に凄いですよね」


「ねぇ! だってとても愉しいじゃない。

このグラタン、本当に沢山野菜が入っていて、“愉しい”のよ!

あ、おいも!あ、蕪だ! なんてね」


こんなすてきな会話

ちくたくちくたく


この間、まちでこんなポスター

「服がすきなのか

お金がすきなのか

買い物がすきなのか

わからないけど

バーゲンがすき」

・・・・・・・まさか


「そんな馬鹿な過ちはしないのさ」


水泉動
--------------------------------------------------

リンクの「おはなし」に
生きる

加えさせていただきました

あと、ライフログというのを始めました

いままで、

心を動かした本とか
音楽とかが載りました

クリックすると
ブラジルにいけてしまいますが 笑 
[PR]
by kkiyono-lp | 2008-01-12 00:15 | 2008年 72の物語

第一話 土 と 星 の 間 で


足元には




根ざす場所

いのちの根源



頭上には

はるかに 星達

刻一刻と 位置を変え

距離を変え

様々な関りをもつ 一連の家族


その間に

柱のように

たつ 人よ



一秒で 地球は 東方向に30km自転している




ほら、

いまも30km



ほら、

いまも30km




今まで2Dで考えていたもの

3Dで感じていたもの


ぜんぶまわっているよ





「だから変化をおそれないと決めた」


そうです

だって 変化しちゃうんだから



太陽の位置、月の位置

いのちの指揮者達の

一振りで

笑い 泣き 哀しみ 喜ぶ 人たちなの



そして

Life is coming back!

「彩がもう一度

僕の手元に戻ってくる

一見、灰色だった世界に

いのちの音が響いてくる」


Life is coming back!

「置き忘れられた

力ずくでしまわれた僕達の営みが還ってくる!

それは長い長いすてきなお話

終りなき物語

『大きな物語』 『暴力の物語』に負けやしない

土に根ざした物語」


Life is coming back!

「繋がっている命が還ってくる!

僕達が何もか分かる時

父、母や祖母、祖父・・・生きつづけるいのち、連綿と連なる『いのち』と一緒に」


Life is coming back!

「本当に『豊かな』生活が還ってくる!

目先だけにはとらわれない

愛しさに満ちた日々」



彩り



還ってくる


もう一度

安心に

還れる


「土と星の間で 今感じ始めている

躍動を 新しい躍動を」


「しっかり目を開けて

イメージして・・・・


もうそれは

始まっている!」


つまり

蓋は

あいてるってコト



芹乃栄


----------------------------------------------------------------------

あけまして おめでとうございます

今年も 宜しくお願いします

今年のテーマは Life is coming back!


リンクが増えました

ばしょに
cafe cache-cache(京都 舞鶴)

おはなしに
fairtrade-with love
[PR]
by kkiyono-lp | 2008-01-10 03:06 | 2008年 72の物語