カテゴリ:Story telling( 92 )

祝詞をあげる息は白く

f0081311_2257059.jpg

f0081311_2257062.jpg

1月4日。
お昼くらいに、外宮さんの前はたくさんの参拝者の方々。

夜に、参拝にいきました。
1月5日まで外宮さんは夜間参拝をさせていただける、とのこと。

夜の闇の中、外宮さんの鳥居の前でオリオン座がみえる。

「ここは天の地球なんだ」

静まった森の中の豊受大神宮。
祝詞をあげる息は白く、
この息の白さも、季節の移り変わりの中で消え、また顕れ。
何千回ものなだらかにすぎた季節を感じる。



ちはやぶる
[PR]
by kkiyono-lp | 2012-01-04 22:57 | 未分類

「肚」に「いま」を感じる

f0081311_22451772.jpg

f0081311_22451712.jpg

空の色は毎日毎日、刻一刻と、変化し続けています。
空の姿は、想像を超えていますが、その一つ一つが美しく、必然であるように感じます。

肚の中心に、「いま」をしっかり感じて、意識して生きていきたいと思います。
過去でも未来でもなく、いまをしっかりと感じたい。



ちはやぶる
[PR]
by kkiyono-lp | 2012-01-03 22:45 | 未分類

凛とした空気の中で

f0081311_818599.jpg

f0081311_818590.jpg

凛とした空気の中で
心身魂共に洗われる・顕われるようです。

頭から心へ、心から肚へ意識をおろしていくと、
大地(おや)を感じ、
生かされていること、そのこと自体への感謝が湧いてきました。

世界のいやさかを美しい空を仰ぎながら御祈りします。


ちはやぶる
[PR]
by kkiyono-lp | 2012-01-02 08:18 | 未分類

美しい闇

f0081311_23555933.jpg

f0081311_2355594.jpg

闇の中、火が焚かれ、
かじかんだ身体にあたたかく、かじかみがとれていきます。

この世界のあらゆる場所で、未だ来ず(未来)と、過ぎ去ったもの(過去)の間のいのちの間(いま)を共にする、美しい暖かい火が囲まれることを深く願った伊豆の山の中を思い出しました。いまも同じ想いです。火の前で素直になり、語り、伝え、それが力になる。

日の出前、外宮さんは参詣の方が多くいらっしゃいました。
みな、闇の中、森の中へ。

美しい闇。
あたたかい光。

人々の祈りと願いが闇の中に満ちているようでした。

闇の森、美しい闇、美しい日本を美しい心と共に残したいと感じました。

ちはやぶる
[PR]
by kkiyono-lp | 2012-01-01 23:55 | 未分類

いま を かく

いま を かく

いま ぼくは うまれたまち に かえってきている

こんやは なじみの バーにいき

もう寒くなったから 氷が 入っているものは飲めないなと思って

赤ワインを 2杯 のんだ

ワインをたのむとき 躊躇してしまうのは

運ばれてくるグラスの脚が 細すぎて

似合わなくて ちょっといやになるからだ

だから二杯目のワインは

ウイスキーグラスに どすっと 注いでもらって 心がおちついて しっくりきた




さっきまで仕事の文章をつくっていた

昔は

ほんの少し前までは

僕の仕事は まどろんでいることだったような

いまは 一度 ことばを失ったあとに もう一度つくったことばたちと生きている



いまの 一大事は

ことばそのものになること  考え方そのものになること

強く信じることで そのものになることです


わかっていても 「それに成る」というのは まったくちがう作業だ

わかっている ふり をしていることは多い

言葉ではすでにわかっている気になっていることを


本気で信じてやるとなると それは またちがうことなんだ


僕にとって それが いま とても 大事


きょうの文章は 親愛なる あるひと に かいている

いま を かこう と おもわせてくれた あなたに 感謝です ありがとう

それと もうひとつ

「時間とはなにか。それを知るためには、見えないものを見る目で見て、聞こえない音を聞く耳で、しっかりと『生き物としての』(!)時間に注意深くなることが大事だ」


もうすぐ秩父夜祭です。

12月3日 僕はいつもどおり、秩父にいる予定です。

親愛なるみなさま! おいでませー。
[PR]
by kkiyono-lp | 2010-11-05 02:51 | Story telling

@kokopellicco, 10/10/08 20:37


kokopelli (@kokopellicco)
10/10/08 20:37
血の流れていない言葉より沈黙を。 沈黙することが不安か? 不安は人を饒舌にさせる。 そのときの言葉は魂の通っていない言葉。 血の流れていない言葉を発するぐらいなら沈黙していればいい。 *always in a heart kokopelli*


清野 和彦
[PR]
by kkiyono-lp | 2010-10-09 00:00 | 未分類

さっき雷がおちた


雷。
新しい世界がはじまる予感。
融合の開始。
[PR]
by kkiyono-lp | 2010-04-29 03:53 | 未分類

天網恢々



清野 和彦
[PR]
by kkiyono-lp | 2010-04-13 13:47 | 未分類

共鳴する命たち

場所をはなれ
すぐそこにはみえず
触れることができない数多のものたちと

おなじ惑星で
おなじ瞬間に
おなじように感じていると
信じられる強さ

おなじだとうなずける
素直さ

その瞬間に
共鳴している
この惑星の上で

清野 和彦
[PR]
by kkiyono-lp | 2010-04-08 20:33 | 未分類

かたちばかりではなく、魂で

かたちは大事だ。
見せ方は大事だ。

だけど魂がなければ強さがない。
魂をこめなければ伝わらない。

どんな技術があっても、魂があって初めていきる。
[PR]
by kkiyono-lp | 2010-02-14 00:52 | Story telling