勇気をください


2008年は
勇気 を試されているような年だったみたいです

守りたいものを守るには
信じたことを行うには
自分を見失わないためには

自分のなかに勇気が必要だ

それは
あたまじゃなく
こころでなく
おなかのあたりにあるもの

元来
勇気があまりあるほうでない僕は 勇気を鍛えなくちゃいけない


大隈重信はいいました
たとえからだは丈夫であっても勇気がなければ病である

キケロはいいました
一に大胆、二に大胆、三に大胆

小沢健二は歌っています
勇気をだして伝えなくちゃ
宝物をつかみたいから
心すっかり捧げなくちゃ いつも思い切り伝えてなくちゃ







最近
勇気をください と
願うことが 何度かありました

だから勇気のことを考えるようになったんですが

勇気ってやっぱり
誰かが与えてくれるものじゃなくて
誰もが自分の中にもっている勇気の苗を
育てていくしかないと
いまは感じます


LIFE IS COMING BACK
から
勇気を巡る日々に入り
輝くいのちの根源の一つは、勇気をもった行動や表現だ。とちょっとまとめてみたいです。

これからの人生が
楽しくなるかどうかは
勇気に大きくかかわっています。

もし勇気が
何かほかのものと交換しなければ手に入らないものではなく
おのずからもえいだすものなら
それはきっと意識化すれば、無限にむけて相当成長させることができるはずです。
[PR]
by kkiyono-lp | 2008-12-06 09:16
<< のぞめばなる 美しい世界 >>