歌えなくなったカナリア

ここ一週間くらい
喉の風邪をひいています

大分いいんですが
時々 声が出にくかったり、噎せたりします。

今朝シャワーを浴びながら
歌えなくなったカナリアは悲しいだろうなと感じました。

歌いたくても歌えない。
僕も歌が好きだから歌えなくなったら、声を失ったら悲しいだろうな、と。

ひともどうぶつもとりも息を音にして振動にして伝えあってる むしだってそうだ。

浄土の音は「打つ音」のさざ波。 シタールのような共鳴音なのかな。

龍笛、石笛、ピッコロ、フルート
人間は風や鳥など理想体に返信するために、instrumentを成らしめてきたんだな

こえはだいじだ

みたことのないようなマイクロホンの握りかたで

きいたこともないような歌を歌いたい


目を醒まして自分の中心で歌いたい
[PR]
by kkiyono-lp | 2008-11-17 09:19
<< 絶望の上に咲く花 犬は吠えれどキャラバンは続く >>