3月26日―今夜はブギーバッグ!


卒業式は
祖母が縫った
袴で参加できました

一針一針縫った
袴は
とても軽くて
身体に合っていて
僕の自慢の格好です

やさしさに包まれる想いです


卒業式のあと
高尾山に行きました

今の日本の自然と「開発」の
縮図のような高尾山

でもそこに集まった人たちの目は
しっかりと見据えているようでした

「仕方ないよね」
「変えられっこない・・・」
大きな力の前で
ひざを折ることを僕らは
いつの間にか教えられてきて

「でも本当はきっとちがう」って
思い出す

輝く瞳
きらめく灯火

いのちことば



急ですが、そして今日ですが、
3月26日のお昼すぎから
3月27日未明まで
想いを酌み交わす時間をつくります

誰とでも逢いたいです
その人と立体的に関わってみたい

ようやく感じれるようになった
一人ひとりの花


こんなに
生きているって鮮やかなんだと


お話したり、交換したり、未来の輪をつなげよう

僕と会ってくれる人は
携帯電話まで一本お電話を

場所は
チンチン電車の荒川線の終点
早稲田駅すぐです
[PR]
by kkiyono-lp | 2008-03-26 07:46 | FOG
<< 清明 卒業の所感 >>