第八話 春 立つ 日


季節をわける「節分」のよる

人たちみんな 杜にあつまった


一年間 厄をはらってきたお札や縁起ものを火に還す

神主さんがお払いをして 火がつけられる

f0081311_2333794.jpg



火は生き物のように 振るえて 揺れて 踊った

火の粉は意志をもって どんどん 高い空に 昇っていった

蛍のように ひかって 昇った


f0081311_236163.jpg



風がおこる

神社の境内を 結界の注連縄を 揺らしてた

火を見守っているのは 人たちだけじゃない

たくさんのいのちが火をみつめていた

そして すこし 暖かさの中で 襟をゆるめてくる


f0081311_2381151.jpg



火をずっとみていた


それは ぼくたちをこえたちから

えねるぎーそのもの


次のあさ

確かに感じた 寒さの中に混じる「春」

変化は 「ここからここまで!」なんて区切られるんじゃなく、

大きなものの中に、小さな変化が忍び込み

やんわりやんわり 変えていく 変わっていく


ベランダで伸びをしたら

黄色い小鳥が横切った


春がはじまるよ




------------------------------------------------------
お知らせ

写真をすこし上向きのやつにかえてみました 笑
[PR]
by kkiyono-lp | 2008-02-06 02:42 | 2008年 72の物語
<< 第九話 少年の夢 第七話 魔法使いたちの時間 >>