かたちづくるものたち


優しい水に

たっぷりつかり

身体の音をきいてみた


ここは

和歌山

高野山のふもと

弘法大師 空海 の 水



一瞬 行き止まりに見えても

ちゃんと

白い手袋の手は

こっちこっち



伝えてくれる


時計を持ったウサギは

急ぎ足で

走ってくれる


尻尾が

ちょろりと

みえたなら

やっぱり

近づいてみる


そっと

引っ張ってみると

こんなことが

細長い半紙にかいてあった


「土 水 木 石 火

昔から“いとなみ”の近くにあるものを大切に!

結実は いのち そのもの

いろんなものが結ばれて いのち になる!」



ゆったりとした

リクライニングチェアに体をまかせていたら

「風然葉然」
[PR]
by kkiyono-lp | 2007-12-30 01:58 | Story telling
<< 第一話 土 と 星 の 間 で みえないところで 育つ 走る >>