精神的‘森’


精神

せいしんといったら

おおげさで

ちょっと着込みすぎた冬の日みたいだ


せいしんより

やっぱり‘こころ’が近い


感じる場所だ

こころは





朝の街

ビルの谷間を

鳥たちがぬける


カラスは

朝から

ごみをあさっていた


集団で

ついばんでいる


「カラスは

決して

卑しい動物ではないはず。

きっと僕らをこの地へ導いてきた。

誇り高い、空の住人たち」


「カラスが、こうやって

朝っぱらから

ゴミ袋を嘴で、つっつかなきゃならないのは、

きっと豊かな森がないから、

帰る森がないから」


ビルの合間をぬける

そのシルエットだけは

遠い

散文的な

神話の時代と変わらずに

メランコリックな

コラージュみたいだ


「もしくは、覚えちゃったのかもな、、、

身体が、ゴミ袋をついばむことを。

その味をさ。」


さて、



あたえられた

不自然なものを

みんなで担いで

たむろして

嘲りながら

ついばんでいるのは


カラスだけか?



‘豊かさ’の

心の豊かさの根幹は

どこにある?


ずっと

そこにいていい

ずっと

見守ってくれてる

ずっと

支えてくれてる


こころの

からだの

根はどこに生えてる?


「森を失うということは

こころの根を失うこと。

豊かな実りと

縁起をうしなうこと。

清らかな水とフィーリングの流れをうしなうこと。

滞り、濁り、土砂崩れ、河川の氾濫、下流地域のソリッドな建造物の倒壊の原因だ。」



こころに木を植えよう

こころの木を育てよう

ずっと生えていた木を抱きしめよう

そして、耳を、澄ませよう


もっと

きっと

かんじれる

こころの

詰まりの

とれる音


こころの森をふやしていくよ

さあ、

昨日より

わくわくしてきた

----------------------------------------------

お知らせ


かんじることを

教えてもらっている

bon. の個展が

渋谷にて開催中です


東京の方、

ぜひ、いってみてくださいね

Linkのトップからとべます
[PR]
by kkiyono-lp | 2007-11-29 07:18 | Story telling
<< からすのほんと ちいちゃんの折り紙 >>