もしそれを数えるなら


「もしそれを数えるならば

きっとかくごしなきゃならないぞ」



秋の葉

あかく

きいろく

ゆれて

ちって

ぢめんを

おおって

いきました


いよいよ

本気を出してきたサムサ


様々な速さと距離と

変化率で

在るこの瞬間


「遠い目でみつめるのは止めて


小さな耳できこうよ」



いままできこえなかった音

きいてこなかった音


きくよ



朝の森

日が射し

葉は透かされ

ひかり

ひかる


小さな足音

散文的な音達


「ちいさないちいさないっぽいっぽ

ちいさなちいさないっぽいっぽ

かさねてかさねて」


一枚一枚の葉に

隠された

命の秘密


遠くから投げられる

優しさの想い


感じて


かんじて


(つづく)
[PR]
by kkiyono-lp | 2007-11-22 23:26 | Story telling
<< ちいちゃんの折り紙 パレードはつづく >>