自転車 その2 横浜~箱根~沼津~浜松

-自転車、長距離移動中。

横浜を6日の朝8時に出たとき、夜明け前にはいなかった

沢山のサラリーマンが横浜駅のまわりにいるのをみて、朝というものをしみじみ感じました。

頭のなかで箱根駅伝の中継所の名前を思い出しながら、

「あ、ここ、中継点じゃない?」、「あ、権太坂!」とか独り言を飛ばす。

独り言テンションのMAXは茅ヶ崎あたり。海が見えた!江ノ島が見えた! 

最近ひそかなブームの「適当ラップ」を開始。富士山が前方に見えて、最高潮に!

小田原についたのは14時くらい。 箱根越えに挑戦決定!

しかし、天下の険は本当に天下の険だった。

天然要塞、箱根。 源家の方々も小田原に幕府の中心をおきたくなるわ。

いけども、いけども上り坂。急カーブ。

ふふふ、箱根駅伝の選手、凄すぎ!! 半端じゃない!!

もう日が暮れちゃうぜ。。。 危機を感じ始める。

夕暮れ直前に、国道1号線の最高地点を越えて、芦ノ湖に着いたときは嬉しかったー。

小学校の修学旅行以来だー。

次は暗い、暗い、長い下り坂! 寒い! 

県境の神奈川側、電灯なすぎ! もう少し作ってくれ!

坂を下りながら、静岡側の街の光が見えたとき、サン・デュクトゥペリがフランスの灯火をみて、

心動かされたのを強く思い出した。 人間がいる光。 あれが、三島の灯だ。

そして6日は、沼津のカプセルホテルに宿泊。 疲労たっぷり。 でも、難所の箱根は越えた。


7日は寝坊をして10時起き。 静岡、大きい! 地図の縮尺が神奈川とは違う!!

あと、一つの市が凄い大きい! なかなか次に進まない! でも、富士山はきれい。

この日の目標は浜松でしたが、日が暮れてしまい、山の中で迷いながら、

トンネルを越えながら、なんとか掛川まで到着、24時。

カラオケに泊まりましたが、なんかテンションが高かったので一人で歌ってみた。

この日は、何人かの人が声をかけて、応援してくれた。

トンネルの手前で、声をかけてくれたおじちゃん。

山道を教えてくれて、おにぎりと味噌汁をサービスしてくれて、

しかも安全のために、塩まで持たせてくれた、お好み焼き屋さんの方々。 忘れません。

生きてるのって、素敵だ。

そして今日8日、今、浜松。 朝からおでんを食べた。

このあと、浜名湖、県境、なんとか名古屋まで行きたいところ!


辛いときは、なるべく呼吸だけを意識するようにしてます。

認識として、東京と中部地方が陸続きになっていくようです。
[PR]
by kkiyono-lp | 2007-03-08 09:54
<< 自転車 その3 浜松~名古屋~... 自転車 その1 >>