僕達の将来は

昨日は、急遽、僕が1年生のときにお世話になった素敵な先輩とのみにいくことになりました。

場所は、ひさしぶりの思い出横丁。

かなり久しぶりでした。 やっぱすきだなぁ。


彼女は9月から仕事を始めたとのことでした。

昔から、マザーテレサに心を馳せていた彼女は、

たくさんいろんな紆余曲折があったけど、

いまでもちゃんと未来にその夢を持っています。


そして、どんぴしゃでした。

先日僕がよなかのわっしょいで友人に借りた本が、

まさに彼女の心の中に浮かんでいたものでした。

そんな気がしてました。

茨木のり子さんの詩集でした。

ほんとうにタイミングってのはあるんだね。


できることなんて限られてるけど、

彼女とその本をつなぐことができただけで、

今日の役割を果たせたな、と、すーっと思いました。

貸してくれた咲さん、ほんとうにありがとう。


将来は、どうなるんだろうね。

周りのみんなが。

そろそろいろんなことが動き出すね。
[PR]
by kkiyono-lp | 2006-10-18 09:21
<< 授業中に熱唱 偶然得たものが次の偶然の鍵になる >>