なんか久しぶりにゆっくり-ヨガ、始めました。

最近、新潟に行ったり、京都に行ったりであんまり東京にいなかったので、

久しぶりに、心がゆっくりしています。


いろんなことが最近も起こって、かなり忙しいんだけど、

今までにないほど、心も体も充実しています。

あんまり、無理しているという感覚がないです。

いろんな人が、声をかけてくれたり、気にかけたりしてくれるからかな。

元気をもらってるんだね。 ほんと。


充実している理由の一つは、ヨガを始めたからだと思います。

僕は、体が硬いんだけど、それでも自分のペースで続けられています。

一日平均30分くらい。

朝起きてすぐやります。

そうすると、一日の自分のできることの量と質が全く変わります。

あと、いろんなとこで無理しなくなりました。

精進というのはこういうことですかね。

僕は、本を読みながら一人でやっているんだけど、

そのなかに、「人間の体は、本来動くようにできている」というのがあって、

凄い面白いと思いました。


僕が、以前から興味のあるワードに「滞り」というのが在ります。

これは、今年の2月にニューヨークから帰ってきた後、

実家に帰って、お墓参りをしている時に浮かんだんだけど、

さまざまな揺らぎや麻痺や破綻の原因って、抽象的にいうと、

「流れるべきものが流れなくなって、一箇所にたまってしまうこと」だと思います。

それが「滞り」。

水撒きのために使うホースを一箇所で強く押さえつけると、水が止まって、

そのうち水圧でホースが破裂したり、

凄い勢いで水が出たりします。

これって、全く人間の体でも心でも同じだと思います。


ちゃんと流し続けるために、自分で自分をコントロールしなくてはいけませんね。

そのための一つが僕にとってのヨガになればいいなと。
[PR]
by kkiyono-lp | 2006-09-28 14:28
<< 虫達よ。 → サルバドール=ダリ展 歴史を語るということ >>