合同ゼミ 同志社大学

昨日は、ゼミの京都合宿最終日でした。

最終日は同志社大学と合同ゼミがあって、

それにむけて、研究と発表準備をしてきたのだけど、

本当に発表はいいものになったと思います。


これは、また確信したことなのだけど、

みんなで心をこめて、その多様性とか性格を生かしてつくられたものって、

本当にいいものになるんだよね。

だから、僕はそういう場をつくるために、その場その場で自分の役割を果たせるような人間を

これからはさらに目指そうと思っています。

人と人との関係性にたくさんのことはかかっているし、

その円滑化のためには、ひとつの答えなどというものはないのだけど、

開いた姿勢が、たくさんの可能性を生かす出発点になるのだと思います。

研究はこれからも続けていくし、それがひとつの仕事になればいいなと思っていますが、

いつでも人にかかわって、何かを作り上げる作業を支えられる人間になりたいなと思います。


そういう意味で、愛すべき偶然集まった仲間たちと、夜中まで議論したり、

談笑したり、真剣に悩んだりできたことは本当に勉強になりました。

グループワークのリーダーをやらせていただけたのは、本当に幸運でした。

ありがとう。

希望をもらいますね。

それをまた誰かに渡さなきゃね。


今日はこのあと、西海岸という学生が集まる場にいって、

いろいろ交換したり、結び付けたりしてきます。

ものすごい人らがたくさんいるらしいので、

大事な日になりそうです。


京都合宿でしっかり学べればいいな、と思っていましたが、

本当に多くを学べてうれしいです。

心の襞は、確かに増えて、確実さを増していくのだと思います。

明日の夕方には東京に帰る予定です。

東京では、またいろんなことが待っています。

森の勉強、いくつかの場所での祭興、早稲田大学125周年記念事業、

もちろん大学が始まります。

体と心が豊かになり、更新していくように精進します。
[PR]
by kkiyono-lp | 2006-09-26 13:28
<< 歴史を語るということ 大切なお知らせ >>