愛と感謝の祭

昨日は、東京理科大の野田キャンパスにいってきました。

IZANAIアカデミーの小島裕一郎さんを、

東京理科大のよさこいをやっているみんながよんで、

よさこいにっぽん北海道の2003年演舞「愛と感謝の祭」のレクチャーをしていただきました。


とてもいいレッスンだったと思います。

レッスンが進めば進むほど、みんなの目が開き、表情が豊かになっていくようでした。

心中に誰でもある、響く光が揺れだして、

みんながみんな子供のように、素直に純粋に踊リはじめたようでした。

僕も凄い楽しかったし、本当に祭っていうのは、踊りっていうのは、

その意識次第で、大きく人を変えたり、心を開いたりすることができるんだな、と感じました。


日々、生きていく中での不安や苛立ちなども、昇華する方法を学ぶことで、

心身を安定させることはできるのだと思います。

他者に大きく開くことを忘れずにあれば、

いつだってかえしたものは、かえってくるのだと思います。

人との縁と、何か突き抜けた時に起こるパワーというのは、

本当に奇跡ですね。

奇跡を支える身体と心づくりを続けていきます。


理科大生の方、急な飛び入り参加で申し訳ありませんでしたが、

温かく受け入れてくださって、本当にありがとう!

また、一緒の踊りましょう! そして、一緒に祭を創っていきましょう。


愛と感謝はすぐ近くにある気がします。

大事なものは大事にしたいです。
[PR]
by kkiyono-lp | 2006-09-21 14:12
<< 京都! 人と人との間に >>