祭興

祭興は、僕が一緒に躍らせてもらっている

R-TASTeというチームの踊りです。

新潟総おどり祭は、祭興の祭での披露、一発目でした。


新潟総おどり祭は、行く前から、いい祭だと思っていましたが、

それは予想をはるかに超える祭でした。

ホスピタリティが凄い。

きてもらった人に元気になってもらおう、心から楽しんでもらおう、

という気持ちが、街中を包んで、路地に広がって、

一人一人の観客や、踊る人に伝わって、

どんどん増長して、空気の質が変わって、さらに高まっていくような場でした。


本当に、踊りができるということは、喜びの場を創るお手伝いができるということが、

うれしくてたまりません。

子供らの目が光り、それが未来に投射されるのを感じるとき、

僕達が、次の世代にできること、今も明日もやっていたいと思いました。


僕の専門は、森林です。 森林とどうやってみんなでつきあっていくか。

場つくりです。 もっといろんな言葉で表せるかもしれませんが、

ずっと人が精神と身体が豊かに、生きていけるように、

今よりも、精神と身体が豊かになるように、

僕達のいつでも近くにいた森や木や水と、どうやって一緒に暮らしていけばいいんだろう。

一緒に豊かに暮らしていく場を創るのが僕の夢です。


だから、森林に関ることも、踊りを通して、人との心の交換作業をすることも、

喜びの場を創ることに関ることも、ぜんぜん変わりはしないんだよね。


祭とは、心の交換作業の場だと思います。

想いを馳せる場だと思います。


そして、もらったものを僕らはまた誰かに返せる。

どんどん返していきたいです。

どんどん譲っていきたいです。

自分を磨いて、蓄積をもって、循環させ、誰かに何かを返せるような自分でいたい。

僕を包んでくれている様々な、優しい縁を大事にしていきたい。

誰かのために、僕にできることなら、どんどんやりたい。


祭興を、この新潟で踊れたこと、皆様の暖かい拍手に包まれて、

みるみる心が素直になったこと、「ありがとう」が溢れたこと、

とても意味があるでしょう。


僕らには、人のためにできることがあります。
[PR]
by kkiyono-lp | 2006-09-19 14:52
<< 人と人との間に 新潟総踊り >>