「Riot!」

9月3日に「Riot!」は千秋楽を無事終えることができました。

ゲネプロのとき、「終わった時に何を考えているかが大事」とかいたけど、

終わった時に考えていたことは、


「みんなのことを愛している」ということでした。

ここが、一番大事なのではないかとまた思い出した気がします。


たとえば、6月のWasedab International Festivalや

8月の香川での日々、小豆島での虹祭。


一緒に創っている人のことを、その場にいあわせた人のことを、

愛していれば、人は凄い強いものだし、

想いを馳せて、飛ばすことができるのではないか、

想いで場所を満たすことができるのではないかと、思いました。


もちろん、想いだけでは伝わらない。 

その上に、自分の身体やものをのせることが、

伝えるためには重要な役割を持っているのだとおもいます。


ただ、それでも、愛がなければ心のこもったものにはならないでしょう。

千秋楽の最後の公演の時、

心からみんなのことを愛しているって分かったから、

うれしかった。

思い出せた。


これからも、心の上に身体をのせていきたいです。

そして、自分の役割をはたすべく精進したいです。


今回の公演では、本当にたくさんの素晴しい方に支えていただきました。

本当にありがとうございました。


こんなふうに皆様と関れたのは、本当にラッキーなことでした。

心から、この縁に感謝します。


そして、毎日は続いていきますね。

今日も新しい日。

何度も何度も日々生まれ変わりながら、また大きな縁の中で、

生きていけたらいいな。
[PR]
by kkiyono-lp | 2006-09-05 10:52
<< 着々と日々をすごす ゲネプロ >>