ホテル・ルワンダ

今日は、久しぶりに「Riot!」練習がOFFだったので、

映画をみて来ました。

1ヵ月半ぶりくらいでした。


みたのは『ホテル・ルワンダ』と『イノセント・ボイス 12歳の戦場』でした。

一方は、ルワンダのフツ族によるツチ族の悲しすぎるた虐殺、

もう一方は中南米のエルサルバトルの内戦のなか暮らす少年。

どっちも、実話に基づいていて、しかもそれほど昔のことではない。

ルワンダでは1994年に虐殺が起こった。


僕も、ケニアに行ったことがある。

映画に出てくる町や、道や、土地がケニアを思い出させた。

人の心の弱さ、つくられた対立、暴力、あきらめ、銃弾、死。

人とは。


心が折れそうになるが、もう僕は折れない。

自分のできること、やろう。


明日、日本からケニアへスタディーツアーが

出発します。

無事を心からお祈りしています!
[PR]
by kkiyono-lp | 2006-08-24 19:09
<< ゲネプロ 香川 >>