気づいたときが

久しぶりの投稿になりました。


最近は、ようやく9月1日~3日に公演される 「Riot!」に心も体も集中できているようです。

いままでも、一日の限られている時間の中で「Riot!」にむけた練習が

大きな量を占めてはいました。

ただ、時間を多く占めているものに、必ず集中しているとは言い難いことも

僕の場合はあると思います。


なんで、集中できてきたか。

そこに超えるべきことや状況が生まれたから、

もっと正確に言えば、うっすらとは気付いていたんだけど逃げてきたことが、

それをどうにかしなきゃいけないという状況にまで達した、そしてそこを見ようとし始めたから、

といえるかもしれません。


本当に、あらゆる生きていくシーンにおいて、

そこに在る問題というのは類似していると思います。

「関係性」というものは、やっぱり人間の活動の面白さだなぁと僕は感じます。


僕はそれほどその超えるべきものにたいして、悲観的にはなっていません。

むしろ、気付いてよかった!!って思ってる! 

こういうのは時期の問題だと思うから。

ここで、超えなきゃ、ずっと同じことの繰り返し。

ここで、超えれば、同じことが違うシーンで起こっても超えられるし、超えようって思える。


それぞれの人が場面に応じて、役割があるんだと思います。

自分にもその場ごとの役割はあるはず。

できることを精一杯やるつもりです。 自分のやり方で。

ようやく「Riot!」のことをこのブログに書けたことがその証だと思います。

集中している証。

興味ある人は下のURLを見てみてください。

http://www.r-taste.com/riot/index.html


最近、カンパニーという言葉が好きです。

あとドストエフスキーの『カラマーゾフの兄弟』、面白い!
[PR]
by kkiyono-lp | 2006-08-16 08:59
<< つくづく! 興 >>