人に育てられてた

時々、ふと、自分を育ててくれた人のことを考えます。

それは親もしかりだし、出会った人もしかりです。


自分にも、もっと若い時期に出会って、

いろんなインスピレーションを与えてくれた人がいました。


今思うと、高校時代くらいに大きな影響を与えてくれた、

幾人かの人ってのは、

状況や立場がかわっても、

とても重要な気がします。

やっていることはかわってもね。


今朝、朝ごはんを食べていて、

気付いたんだけど、

10代のころ、僕が幾人かの人に心をわって話せたのは、

そのひとがちゃんと聞いてくれたからだったんだ。

僕が、鬱積した気持ちを解き放てたのは、

彼らが話を聞いてくれる姿勢を見せてくれたから。

自己中心的で、自分が抜きん出ようとしているだけの自分は

(こういうのって「いきがってる」っていうのかな?)

逆にその人の話を聞くことはなかった。


でも、いまなら少しずつわかってきた。

人の話を聞くことが、自分にとって重要だってこと。


僕は、いつでも、自分の話をきいてくれる、自分より年上の人たちに恵まれてた。

みんな優しくて、素敵で、人間らしかった。

なかなか、会えなくなった方もいるけど、

ここで、自分がどう生き、これからどう生きていくかが、

想いを馳せる術だと、考えています。


今日もこれから、幾人かの人に会います。

どんな風に在るかが、どんどん大事になってきたし、

だんだん深く考えらるようになってきていると信じます。


未来に向けて、進む時期が来ていると思います。
[PR]
by kkiyono-lp | 2006-07-22 12:43
<< できることをやる 大雨・初めて会った! >>