夜想曲

5月~6月にかけて、サンフランシスコでピアノを勉強してる、

親友の山中という男が日本に帰ってきていた。

日本滞在中に、ピアノが弾けるバーかなんかで、

ちょっとした演奏会をしようと考えていたんだけど、

なかなかお店が見つからずに、来年日本に滞在する時に、

どこかホールを借りて、演奏会をする約束をしました。


彼が特に弾いているのは、ショパンです。

でも、聴いたのは一度きり、

空港に彼を迎えにいって、そのままの銀座のYAMAHAで試弾したときだった。


表情と、彼が創る空気がすごかった。

彼は、音楽にかけてる。 貫いている。

来年は、本当にいいパフォーマンスをしてくれると思いますので、

いい音が聴きたい人は演奏会来てください。

清野ががんばってイベント手伝いしますので(笑)


彼の影響で、ショパンの『夜想曲』を少し聴いたりしました。

僕が思ったのは、

「日々の暮らしや時間の流れの中で、どうしてもたまってしまう心の滞りを解消するには、

力で押したり弾いたりするんじゃなく、それをひしっと受け止めるために優しい音楽を

聴くことも必要なんじゃないか」

ということでした。


無理に乗り越えられない心のしこりは、

ちゃんと抱きしめてあげることが大事なんじゃないかと。
[PR]
by kkiyono-lp | 2006-07-20 13:00
<< 大雨・初めて会った! WIF解散式・大雨の日のカフェで >>