文学部カフェ

今、文学部カフェにいます。

文学部カフェの半野外のスペースは、こんな晴れた日は気持ちいいです。

夏や秋のオープンカフェとかが、自分は大好きです。

心をいい状態、心地いい状態に保つ。

なかなか、簡単に見えて、難しかったりします。

でも、それも反復だからね。 あんまし、悩みすぎなーい!

こんな晴れてるし。 間抜けなくらい晴れてるし。

こんな日は、やっぱ、小沢健二でしょ。 


昨日はヴェトナム大使館にいった後、

自分の大好きなカフェ、norai:kurariで去年関ったYOSAKOI RAVE 2005の

映像のミニ上映会をしました。 久々に会う人もいて、たのしかったー!

チリの黒ビールが、おいしかったー!

で、その後、わっしょい、にいったら、

自分が1年のときにものすごくお世話になった先輩が、先に飲んでて、

少しお話させていただきました。

彼は、大学に入りたての自分に、本当にガチでぶつかってきてくれた、

最初の人でした。

「何かをつくりあげることは、楽しいだけじゃなく、痛いこともあるんだ」

って学ばせてくれたのは彼でした。

なんか、話してて1年のときに戻ったみたいでした。

こういう人とであって、こうやって今、やってるんだな。

熱さに支えられてんだ。

WIF本番が直前に迫ったこの時期に、こんなかたちで、自分の大事な人に会うのは、

本当に縁だと思います。


あと2日後にはWIF本番です。

明日は、通しリハです。

WIF終わったとき、どんなこと考えてるだろうな。
[PR]
by kkiyono-lp | 2006-06-10 11:15
<< 三人よれば 二兎追うものは・・・ >>