いつかは

いつかは ぼくらは 心臓がとまり
死んでいく

この地球という星に生まれ、また星に還っていく

魂はもといたふるさとに還っていく

それで、きっと、またいつか戻ってくる

またたきのようないのちのなかで
私たちはどんな風にいきかたを描けるのだろうか

目をつぶれば 出逢える宇宙に なげかけて
胸の内に戻ってくる声をきけば

きっとわかるはずだ

いまなにをしなくちゃいけないか

次の一歩はどう踏み出すのか
f0081311_2248338.jpg

[PR]
by kkiyono-lp | 2013-11-11 18:28
<< 2013年・冬至 遷御からはじめてのお伊勢参り >>