古の人々と心を合わせる・志和城柵

f0081311_118273.jpg

f0081311_118366.jpg

f0081311_118383.jpg

f0081311_118426.jpg


岩手県の雫石町にきて、
偶然、志和城柵の前を通りかかって物語がはじまる。

志和城柵は、田村麻呂のときにできた。
当時、ここは大和と蝦夷の最前線だったろう。

ここで、朝貢に来た蝦夷たちを想う。

幾層にも重なった、東北の歴史と土の中を、上を、想像力の帆をはって、旅して、学び、成す。
それをもっと意識的に。

ここでいただいたものを、次に必要な場所へ。
[PR]
by kkiyono-lp | 2013-08-24 01:11
<< 「ようこそ アテルイの里へ」 霧の中に想う、あの人の姿 >>