丁寧に、丁寧に。

雑ではなくて、丁寧に。
ざっと、じゃなくて、繊細に。

人の心に触れることも、
大切なものを扱うときも、
景色をみるときも、
呼吸をするときも。

当たり前にあったものが、
何かの計らいで、
「いままで通り」と信じていたようには、ならなくなったとき、
いのちは、丁寧さを想い出す。

絶えず、丁寧を、心がけたい。
いのちに寄り添って。

石巻より。

f0081311_92440100.jpg

[PR]
by kkiyono-lp | 2013-08-17 09:20
<< 肌に染み込む闇の少ない都会 わたしの中の静かな水の滴り落ちる音 >>