名古屋にアースダイブ 伊勢〜石巻 ③身体で距離を図るための移動

いままで何度も訪れことのある、通過したことのある名古屋。しかし、あらためてゆっくり周ることはなかった。

今回、名古屋港から仙台港へのフェリーの運航に合わせるために、ほぼ一日名古屋を周る時間ができた。

四日市くらいから自転車を漕いでいるときに、名古屋が近づいてくるほどに、名古屋という街の未知の領域にわくわくしてきた。

一体、名古屋とはいかなる街なのか。

その土地の生成から今眼前に至るまでのすべてを把握することは、一人の人間では不可能だ。でも、答えの出されていないものに対して等身大で向かうことは、挑戦的で面白く、成長の機会だ。
最近、インターネットを使っても、答えがわからないことが増えてきた。
なにかのコピーではなく、いってみて、やってみてわかること、それが求められて来ている。

そういう意味で、今回の名古屋の調査(あえてそういう)は、妙なる機会であった。

自分なりに勇気を出して、名古屋という街にアースダイブをしてみる。
きっともがくだろう。不完全だろう。
それでも、編み出す努力してみようと思う。
[PR]
by kkiyono-lp | 2013-04-04 22:15
<< 蛇とスサノオ 名古屋アースダ... 神宮遥拝の鳥居 伊勢〜石巻 ... >>