神宮遥拝の鳥居 伊勢〜石巻 身体で距離を測るための移動②

図らずも、一泊することになった、
東海道の関宿。
驚くような街でした。
街並み奇跡の如く美しく遺されている。
関神社さんに参拝に行った時に、「時間が止まっている」ような感覚を覚えました。

風景は人に影響を与える。
心に影響をあたえる。
そのことは、時に対する人間の心に影響を与える。
だから、時が変容する。そのままに。
f0081311_9183681.jpg

f0081311_918386.jpg

f0081311_9183952.jpg

f0081311_9184014.jpg


そして、ここにあるんですね。

f0081311_9184038.jpg


神宮・内宮の宇治橋南詰の鳥居が遷宮の機会にこの関宿の東の追分に移されてくる。
江戸時代に、商用などで江戸と京都・大阪を行き来する人は、お伊勢参りが叶わない。だからここで遥拝したそうです。

私も遥拝。
お世話になりました。
これからも繋がっていけますように。

自転車で漕ぎ出す。
ペダルを漕ぐ。
目指せ、名古屋。

そして、もう一つの遥拝の鳥居と出会う。

f0081311_9184547.jpg


四日市・日永の追分
いま立っている鳥居は、1973年に伊雑宮から移築されたものとのこと!深い。

東海道と伊勢街道の分岐点。
ほんとに、伊勢の国を感じることができました。

あらためて遥拝。
Be happy, Be peaceful, Be liberated.

今生で
伊勢と結われた縁 想い
我の旅路は東へ向かう
清和
まだみぬ日々をわくわくと。
伊勢の国から、ここで一度旅立ちます。

f0081311_9184624.jpg

f0081311_918474.jpg

f0081311_918486.jpg


そして、大河。
揖斐川、木曽川、長良川。
ここは古代から水運が発展する素養のあった、尾張の国。

そして、思うのだ。
そうして家康は、名古屋に幕府を置かなかったのか。

f0081311_9184967.jpg

f0081311_9185025.jpg


明日は、名古屋を感じてみたい。
[PR]
by kkiyono-lp | 2013-04-04 08:53
<< 名古屋にアースダイブ 伊勢〜石... ひとりの人間にもどる 伊勢〜... >>