きっとまたあえる

きっとまたあえる

その言葉は、未来に向かう光のように感じる。

言いようもない不安や、未だ見えない世界に対してたじろいだり、心が闇の中を彷徨うとき、

きっとまたあえる、という言葉が差し込んで、これからやってくる時達が、輝いて見えるようだ。

雨が降っても
風が吹いても
きっとまたあえる。
だから、その日まで、心を輝かせよう。
命を輝かせよう。

きっとまたあえる。
その言葉はとても簡単だけど、
僕はようやくその言葉の凄さと有難さを知った。

それは、きっと永遠に向かって放たれている言葉。

きっとまたあえる。

だから
大丈夫。

僕も、先に進みます。
[PR]
by kkiyono-lp | 2013-03-18 21:15
<< あたらしい日々にむけて 春風と >>