啓蟄 四句

啓蟄に
蠢くいのちの唄を聴く

啓蟄に
蠢くいのちの声を聴く

啓蟄に
目には見えない蠢きの
唄唄感じる
春のはじまり

抱かれて
生かされている
啓蟄の
のどけき光に
我つつまれる

時を越え
続くいのちの
唄唄を
共に唄わん
いのちの根から

清和
[PR]
by kkiyono-lp | 2013-03-06 06:13
<< 私たちが生きている時は 海みれば >>