┃と━とで強くなる。

その舞踏家は、穏やかな小川の橋で、
そこにすわっている人たちにむけてゆっくりと真理を話し出した。

そこに座っている人たちは、どうしたら既存のシステムとむかっていけるのか、を
思案していたのだ。


舞踏家は話し出した。諭すように。

人は┃(たて)と━(よこ)で強くなる。
いま世の中でネットワーク、といわれているものは、━のつながりのこと。
隣の人と優しく手を握り合うこと、融和的に繋がること。
でも、それだけでは、弱いのだ。貧弱で飛ばされてしまう。
ほんとうに倒れない柵は、どうなっている?
それは地面に深く突き刺さっているだろう。
それが、┃なのだ。
┃は自己認識、ルーツ、祖先、さらに見えない世界につながっていく道、上昇し宇宙へとつながる道。それを自分の中に┃に通す。
そうやって僕たちは大地とつながる。
これが、強さの起源なんだ。
融和と強さ。この二つをもってして、人は風に倒れにくくなるのだ。


僕は思う。

僕は、そういうことをしたいと思ったし、
そういうことをするのだと思う。

さらに、僕は思う。
━と┃とで+。それがつながっていくと・・・・。
[PR]
by kkiyono-lp | 2012-10-08 18:50 | Story telling
<< 秩父札所巡礼⑲ 美意識が世界を... 秩父札所巡礼⑱ 暗くて見えない... >>