二〇一二年 中秋の名月

台風が、すごい勢いでやってきた。

伊勢の朝日館で、うさと展。
素敵な出会い・再会・たくさんの素敵な衣に囲まれて、幸せでした。

すぐ近くまで波がやってくる。
海の上を風が走っている。

f0081311_046769.jpg


昔の人は、台風のこと、なんて呼んだんだろう。
まさに、それは龍の如し。


志摩半島沖を台風が通過し、
晴れた夜空には、中秋の満月。

f0081311_0471025.jpg



東にいく決意が満ちました。
次の満月がのぼるころ、僕は東にいきます。

2007年、自転車で鷺宮を出発してから、京都、大阪、兵庫、伊勢と移ってきました。そして、もう一度、東にいきます。

西への長い旅は、
あらためて「好きなもの」「美しさ」「わくわく」を感じる力を取り戻す旅でした。
ほんとうに有り難い日々でした。

いつまでも鳴り響いていてほしい。
先祖とつながる、土とつながる音楽。

そして、あらためて、
Don't be afraid of talking about the spirit.
(魂を語ることを恐れるなかれ)

分断されていたものが、
出会いによって
私の中で折り重なり
さらには、その枠組みは融解して、とけていく。

溶けつつ、解けつつ、融けつつある。

とけつつある。
[PR]
by kkiyono-lp | 2012-10-01 09:30 | 日読み・月読み
<< 二〇一二年 新暦 神無月一日 秩父札所巡礼⑬ さまざまな信仰... >>