秩父札所巡礼⑥ 祈りとともにある石像たち ~札所四番 高谷山金昌寺~

岩本山常泉寺


f0081311_13521761.jpg



から

高谷山金昌寺 へ。


そして、、、、
この旅で最初の大衝撃にみまわれる!

f0081311_13565134.jpg


草鞋、でかすぎっしょ!!
ガイドブックでみたりとかして、おおきな草鞋があるのは知っていたけど!
ここまでとはーーー!
これは完全に一目の価値あり!

後で調べたら、大きな草鞋は、仁王様への奉納、とのこと。
たしかに仁王様は、健脚そうです。


境内に入った瞬間に、その石像の数に驚きました。
f0081311_1413045.jpg



たくさんの石像がむかえてくださるお寺です。
物言わぬ。しかし語りかけるような石像。

貴いものの姿を彫ろうとする想いは、人間にいつから備わったのでしょうか。
以前、中沢新一さんの、たしか『カイエソバージュ』の中で、ラスコーの壁画の誕生について読んで、
深く驚いたことを思い出します。いや『芸術人類学』だったかな。

私には、まだ完全な実感があるわけではないのですが、
ホモサピエンスの原初から、造形芸術と信仰はまさに一体化していたんだと思います。
分け隔てなく、行為がそこにあった。
建築にしても、彫像にしても、その他諸々の意匠にしても、
その中心から末端まで、圧倒的に信仰で満ちている。

祈りと共にあるもの。
それは、受け手の精神性をともなって、はじめて成るもの。

そして四番には、ほんとうに美しい、子育て観音さまがございます。

f0081311_147352.jpg


深く心打たれる姿でした。

慈。
その言葉の真を知るには、まだ遠い道のりではありますが、
大変美しい姿に感激し、あらゆる母子に弥栄あれ、優しさの大海あれ、と祈る思いです。
[PR]
by kkiyono-lp | 2012-09-23 18:50 | Earth Pilgrim 秩父札所巡礼
<< 秩父札所巡礼⑦ 自然とつながる... 秩父札所巡礼⑤ 原っぱと行基さ... >>