睦月から如月へ

f0081311_1493258.jpg


f0081311_1493410.jpg


寒風の中、太陽の恩恵は、今日も大地に、絶えず与え続けられています。
この光が、全ての生き物を生かしているのですね。
それは、純粋に与えられているもの。
Give and Takeではない、圧倒的な贈与。
その光で、生かされ、育まれる私たちは子。太陽の子=日子、日女=ヒコ、ヒメ。

睦月がすぎて、如月に移ります。
言葉は、本来、記号というだけでなく、現象を産み出す力を持っているでしょう。意識して、言葉を放つとき、それは現実を様変わりさせます。
[PR]
by kkiyono-lp | 2012-01-31 13:54
<< 実感をもって感応する みたまふゆ >>