メビウスの帯

f0081311_1112837.jpg


f0081311_11121058.jpg


節分と立春間近の、
寒空です。

心は春へと、焦がれますが、

寒さがあるから、暖かさを知るのですね。

そして、それは二項対立ではなく、緩やかに、メビウスの帯のようにつながっています。
おそらく、私たちを取り巻く多くのモノは、そのようになっています。

陰の極みであり冬至が、陽の萌えだす始点であるように。

大きなサイクルは、いつも私たちに、そのような在り方で、生命を与えてくれています
[PR]
by kkiyono-lp | 2012-01-28 11:03
<< 石に手を合わせるとき さわみずこおりつめる(水沢腹硬) >>