なにものかになること・相変わらずな僕ら

大学に入ったころ、仲間が
将来、「なにものかになる」といっていた。

「なにものかになる」
いろんなことを選んでいくうちに、
やっぱりみんな、なにものかになるんじゃないかと思う。
そして僕もなにものかになりたい。

昨日はオールで飲んでいた。
そのうちの友人一人は、これから、湯布院で働いて、アイスランドにいく。
なんか久々に語ってしまった。

ああじゃない、こうじゃない、言って、
なんやかんや、やってきて、
実はいろんな大変だったり、重いこともってて、
なんか共有したり、交換したり、向かい合ったりした仲間が、
なにものかになっても、
「相変わらずな僕ら」と、結局、言い合いたい。

とことん、仲間に恵まれています。

存在は軽くはない。
むしろ重いだろう。

写真は、おととし大分にいったときに、乗り換えまちの駅のホームでとった写真。
そのときは、九重の八百屋さんのところにお世話になりました。
f0081311_14393880.jpg

[PR]
by kkiyono-lp | 2006-03-17 14:42
<< サンフランシスコノート② バー... モチベーションの具体的要因 >>