知ること、そして位置付けること


最近、
二人の方から、とても刺激的な話をききました。

大きな刺激を受けました。
一人の方はエクアドルからスカイプで「アート」という罠について。

一人の方は大岡山の研究室で「地球人口と事象の顕れ」について。

まず知って、それから自分を位置付ける。 社会の中に。 歴史の中に。 地球の中に。
とりあえず、それを続ける。 そうすると、ようやく世界が立ち現れてくる。
そう感じてる。
[PR]
by kkiyono-lp | 2010-01-28 22:25 | Story telling
<< 地球 火星 結び 縁の神話 >>