あきらめたらいけない


あきらめることは自分を小さく弱くすること

昔を振り返ってみると、あきらめたことが、何度かあった気がする。

あきらめた心で、物事をすすめると、だんだん思考が停止してくる。 逃げたくなってくる。 そして逃げる。

いま、再び試されている。あきらめは自分の中に生まれるものだ。
あきらめは自分の胸が決めるもの。

一念発起して立ち上がり、不安な風に吹かれてあきらめそうになる。
あきらめるか、あきらめないか。やるか、やらないか。

僕は今、強い風に吹かれて弱い自分をみつけた。

さて、、いまからどうやって、いのちの力をつかまえるか、だ。
[PR]
by kkiyono-lp | 2009-08-22 19:43 | Story telling
<< Man in the mirror 心の奥の方 >>